ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法

気軽に遊べるのがオンラインカジノのメリットですが、これが理由でギャンブル依存症になりやすいというデメリットも指摘されています。
ギャンブル依存症というのは個人の甘えとかではなく、世界保健機関(WHO)も認める深刻な精神疾患で、精神科や心療内科などで治療を受けることもできるれっきとした病気です。

ギャンブル依存症を防止するためにも、オンラインカジノで遊ぶ前に、その対策法などを理解しておくことが重要です。
ここでは、ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。
特にこれからオンラインカジノを始めようとしている方の参考になれば幸いです。

現金いらずのオンライン決算の落とし穴

現金いらずのオンライン決算の落とし穴
オンラインカジノはインターネット上で利用するサービスなので、現金を使うことはできずオンライン経由で入金することになります。
オンラインカジノに入金するには、アイウォレットやエコペイズ、ビーナスポイントなどのオンライン決算サービスのほか、クレジットカード、仮想通貨などが使用できます。

銀行送金が選択できるオンラインカジノもありとても便利ですが、これも口座からの振込になるので現金を目にすることはありません。
このように、オンランカジノへの入金は、口座の残高の数字を移動させるだけなので、お金を使ったという実感が現金での支払いに比べて乏しく、歯止めが利かなくなる原因のひとつでもあります。
このような要因から、オンランカジノはギャンブル依存症になりやすいと言われているのです。

場所と時間を問わずに何時でも遊べる

場所と時間を問わずに何時でも遊べる
オンラインカジノの最大のメリットは、ランドカジノやパチンコ店などと違い、年中無休で24時間サービスを提供していて、自宅に居ながら何時でも遊べることでしょう。
公営ギャンブルの競馬や競艇は開催時間が決まっており、パチンコ店も風営法によって規制されていて深夜の営業は禁止されています。

ランドカジノが合法な国では24時間営業のカジノもありますが、日本でこのようなサービスを提供するカジノは存在しません。
しかしオンランカジノに登録すれば、いつでも自宅に居ながら気軽にギャンブルが楽しめるだけでなく、スマホを使えば外出先でも遊ぶことが可能という便利さです。
このように非常に便利なオンランカジノではありますが、その気軽さゆえにギャンブル依存症を加速させてしまうという側面があることを忘れてはなりません。

射幸心を刺激する高いギャンブル性

オンラインカジノは日本だけでなく国際的にサービスを提供しており、あらゆる国のプレイヤーが楽しめるよう、過剰な演出や高いギャンブル性が強調される傾向があります。
日本独自のパチスロやパチンコは、わざわざ規制で射幸心を煽らないようにしたりと、ギャンブル依存症への配慮がありますが、オンラインカジノの場合は、あくまでも自己責任と言わんばかりに、射幸心をこれでもかと煽る派手な演出が目につきます。

実際、演出だけでなく日本の公営ギャンブルよりも遥かに高いギャンブル性がオンラインカジノの特徴であり、一度でも一獲千金の魅力を知ってしまうと、その刺激を何度も味わいたいと感じてしまいます。
これはオンラインカジノの集客戦略が上手くいっている証でもありますが、ギャンブル依存症の観点から見ると、あまり好ましいものではないのも確かです。

自己規制機能でギャンブル依存症対策

自己規制機能でギャンブル依存症対策
「ギャンブル依存症が怖いならオンラインカジノを利用しないのが一番」という意見も聞こえて来そうですが、あらゆる行動にはリスクが付きもので、娯楽にまでゼロリスクを求めると人生は極めてつまらないものになってしまいます。

ギャンブルに限らず自転車、バイク、テレビゲームなどあらゆる趣味には事故や依存症などのリスクは付きものなのです。
なのでギャンブル依存症のリスクを最小限にしながら、オンラインカジノで遊ぶ方法を探したほうが建設的なのです。
ギャンブル依存症を防止するには、没頭し過ぎないことが重要であり、節度を持って遊ぶためにもログインする時間を自己管理することが重要となります。

もしこれを自分で管理できそうにないと思うなら、オンラインカジノで設定できる自己規制機能を利用しましょう。
自己規制機能は、ログイン時間や最大ベット額などを設定することができ、ギャンブル依存症を予防する手助けとなります。

ベラジョンカジノなどの大手オンラインカジノでは、このような機能を提供しているので、
もし自己管理に自信がなければ積極的に利用して、ギャンブル依存症を予防に役立てましょう。

まとめ

ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
年中無休で24時間いつでもどこでも遊べてしまうオンラインカジノは、ギャンブル依存症に陥りやすい傾向があります。
また射幸心を煽る高いギャンブル性や、現金を使わないオンライン決済による入金もギャンブル依存症を加速させる要因となっています。

ギャンブル依存症にならないためには、ギャンブルに没頭し過ぎない自己管理が重要です。
しかしこれが難しいようなら、オンラインカジノが用意している自己規制機能を利用してログイン時間を管理し、オンラインカジノから距離を置く時間を作ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です