オンラインカジノのスロットの還元率が高い理由

カジノのスロットマシンはそれぞれにコンセプトが異なり、ゲームシステムや還元の割合が大きく異なってきます。
ジャックポットの搭載のありなしが顕著ですが、ジャックポットでも金額が固定のものもあれば、数億、数十億単位の配当が発生するものもあります。

当選の確率にも大きな違いが出るため、何を優先すべきかで選ぶべきスロットマシンが変わるのです。
また、オンラインカジノの場合はボーナスやフリースピンの存在も大きく影響します。
スロットマシン中心のボーナスを設定しているオンラインカジノは珍しくないため、ボーナス制度などチェックして少しでもお得に遊ぶのがおすすめです。

カジノで稼ぎたいのであれば仕組みを理解することが大切

カジノで稼ぎたいのであれば仕組みを理解することが大切
カジノのスロットマシンはカジノが稼ぐためのツールになります。
遊んだ人が勝つチャンスを設定するかわり、ベット額は所定の割合でカジノ側に入る仕組みになっています。
海外リゾート地などにあるランドカジノも、オンラインカジノも根本的な仕組みは変わりません。
ただし、スロットマシンの実機の製造や各種調整、マシンの輸送や設置の費用など、ランドカジノは稼動と維持に多額のコストがかかります。

結果的に高い還元率を実現することは難しくなります。
一方のオンラインカジノは、スロットマシンのプログラムの作成や、プログラムを動かすサーバーの維持管理、各種人件費のみで運営できるのが強みです。

ランドカジノよりも低コストで運営できるため、オンラインカジノの還元率の高さも魅力になります。
同じスロットでもパチスロなどよりもオンラインカジノのスロットマシンが稼ぎやすいといわれるのは、運営や維持コストの安さにあるのです。

また、オンラインカジノのスロットマシンでも、ジャックポットで一人の人間に一気に還元するのか、平均的に還元するのかでも違いがあります。
カジノのスロットマシンで稼ぎたいのであれば、仕組みやコンセプトを理解した上でプレイすることが重要です。

ジャックポットの確率はスロットマシンによって大きく異なる

ジャックポットの確率はスロットマシンによって大きく異なる
カジノのスロットマシンの中には、ジャックポットと呼ばれる大当たりを搭載したものがあります。
オンラインカジノの目玉になることも多く、数億から数十億単位のジャックポットが発生するスロットマシンも存在します。
重要なのはゲーム会社がジャックポットの確率を公表しているスロットマシンがあり、億万長者になれる確率も確認できる点です。

例えばMegabucksという機種の場合、ジャックポットが出ると120万ドルから350万ドルの当選金が支払われます。
日本円に換算すると最低額から1億2千万円を超えますが、当選の確率は約5千万分の1に設定されています。
一方で、比較的当選確率が高い金額固定型のジャックポット搭載のスロットマシン、Double Diamondの場合は当選確率が約4万6千分の1、当選金額が2千5百ドルに設定されています。

オンラインカジノのスロットマシンの還元率は90%を超えることが一般的です。
ジャックポットの金額が大きいほど損をする人も多いことになるため、スロットマシン選びの基準になってくれます。

オンラインカジノにはジャックポット機能がなく、クラシカルなデザインとシステムのスロットマシンもあります。
クラシカルなスロットマシンは、開発費が安く、大当たりがないため勝ち負けが偏りにくいのが特徴です。

還元率も高い傾向があり、隠れた人気機種になっている場合もあります。
オンラインカジノで稼ぎたい場合は、メーカーや第三者機関の公表しているジャックポットの出現率や、還元率をチェックする癖をつけるのがおすすめです。

完全に運任せにするのではなく、確率を根拠に選ぶのも方法になっているのです。

マシンの機種とオンラインカジノのボーナスの組み合わせも重要

マシンの機種とオンラインカジノのボーナスの組み合わせも重要
オンラインカジノに提供されるスロットマシンは、ゲーム会社が作ることが一般的です。
そのため、複数のオンラインカジノで同じスロットマシンが遊べることは珍しくなくなっています。
同じスロットマシンでチップの一部をため続け、一気に放出するジャックポット機も存在します。

億万長者になるチャンスを掴みにいくのであれば、スロットマシンを中心にオンラインカジノを選ぶのも方法なのです。
少しでも当選確率を上げたい場合は、オンラインカジノのボーナスやキャッシュバックに注目するのがおすすめです。
スロットマシンに使えるボーナスやフリースピンを充実させ、スロット中心のビジネスモデルを作っているオンラインカジノもあるからです。

ボーナスなどをうまく生かせば、それだけスロットを回すチャンスが増えます。
プレイする回数が増えるほど当選確率も上げられるため、目玉機種とボーナスの組み合わせでオンラインカジノをチェックすると更にお得なカジノが絞りこまれます。

確率やボーナスについて知るとより勝ちを狙いやすくなる

カジノのスロットマシンはそれぞれコンセプトや仕組みが異なり、賭け金を還元する割合にも違いがあります。
オンラインカジノのスロットは全般的に還元率が高いのが魅力で、ジャックポットの当選率などから勝てる確率なども分析しやすくなっています。

オンラインカジノ独自のボーナスなどを駆使すれば、更に賭けるチャンスが増えるのがポイントです。
仕組みを知った上でオンラインカジノやスロットマシンを選べば、それだけ儲けを出しやすくなるのです。

オンラインカジノで真剣勝負のギャンブルに挑む

オンラインカジノはその誕生からすでに20年以上が経過し、世界的には広く認知されてきています。
しかし日本ではまだまだオンラインカジノに対する認識は低いといえるでしょう。
それでも近年、有名オンラインカジノが次々と日本語対応に乗り出し日本人を明確にターゲットにした新規オンラインカジノも増えてきています。

日本でオンラインカジノを始めるならまさに今がチャンスともいえる状況です。
ここではオンラインカジノに興味を持った人のために、日本に在住したままオンラインカジノを遊ぶ具体的な方法といくつかの注意点についてまとめていきます。

正式なライセンスを得た企業が運営しているため安全性は高い

正式なライセンスを得た企業が運営しているため安全性は高い

オンラインカジノは実在のカジノと同様に、法律で賭博を許可している国からライセンスを得た企業が運営しています。
有名なカジノ合法国家のうちオンラインカジノに積極的にライセンスを発行しているのはイギリスやイギリス連邦参加各国、それにマルタやキュラソーといった国々です。

逆にアメリカはリアルカジノでは有名ですがオンラインカジノにはあまり積極的ではありません。
こうした経緯からオンラインカジノはヨーロッパ圏を中心に発展しており、最近になってアジア圏に広まってきたという状況になっています。

日本への進出が本格化してきたのもその流れに乗ってのことなので、今は世界中のオンラインカジノの目が日本へ注がれていると考えてもいいでしょう。

日本にはオンラインカジノに関する法律がない

もう一つ重要なポイントとして、実は日本ではオンラインカジノで遊ぶことが法律違反にならないという事実があります。
厳密には現行の賭博法がインターネット上のギャンブルを想定していないため取り締まりようがないということです。

これまで何度か警察が法律を拡大解釈してオンラインカジノのプレイヤーを取り締まろうとしたことはあったのですが、結局は不起訴処分となっています。

こうした経緯によって現在では、少なくとも個人が自室内でおとなしくオンラインカジノをプレイしている状態を法的に見咎められる可能性は限りなく低くなっています。

あくまでグレーゾーン扱いであるためオンラインカジノで遊んでいることをあまり大っぴらにしない節度は求められますが、過剰に怯える必要はないといっていいでしょう。

ただし例外として、稀にネットカフェの形態を取って集めた客に特定のオンラインカジノをプレイする場を与える悪徳業者が存在します。
日本では未認可の「賭場」に参加してしまうと一発アウトなので、個人の端末以外でオンラインカジノにアクセスするのは控えましょう。

決済サービスへの本人確認が必要になる

決済サービスへの本人確認が必要になる

実際にオンラインカジノをプレイするには、まずカジノにアカウント登録する必要があります。
登録自体は海外のメンバーズサイトを使ったことのある人であれば戸惑うことなく進められるはずです。
入力する情報も住所氏名とメールアドレス程度なので、ローマ字での入力箇所に引っ掛からなければ数分で終わります。

しかしアカウントを開設しただけではオンラインカジノで遊ぶことはできません。
現金を使ったギャンブルをするには入金と出金に関する設定も済ませる必要があるからです。

しかし日本国内からだと出入金の手段はかなり限定されます。
クレジットカードでの直接入金に対応しているオンラインカジノもありますが、使えるカードが少ないのに加えて出金の際にはまた別の方法を用意する必要があります。

そのため最初から出入金の両方に対応できる電子決済サービスに登録しておくのがおすすめです。
電子決済サービスは複数のメジャーなオンラインカジノに対応しているものであれば基本的にどれでも構いませんが、登録に本人確認書類が要求されることがあるので気をつけましょう。

海外の電子決済サービス登録には保険証などは使えず、顔写真のついた身分証と住所の書かれた書類が必要になります。
身分証はパスポートと運転免許証の他にその国のIDカードが利用できます。
日本の場合はマイナンバーカードが相当しますが、海外のサービスにマイナンバーカードの情報を渡す際には特に注意を払いましょう。

日本円ではなくドルやユーロが使われる

日本円ではなくドルやユーロが使われる

海外のオンラインカジノで使用可能なのはドルやユーロなどの外国通貨か仮想通貨になります。
決済サービスやオンラインカジノへの入金時に日本円から指定の通貨への両替ができますが、その際には為替手数料が発生するのを忘れないようにしましょう。

仮想通貨を使うと手数料や出入金の手間を一気に解消することができますが、仮想通貨の価値自体が一種のギャンブルであるためそれを更にオンラインカジノのために用意するのは推奨しません。

しかしオンラインカジノの楽しみ方は人それぞれであり、独自の方法を模索していくこと自体も魅力となっています。
日本からでも簡単にオンラインカジノが遊べるようになってきたことで、これからその遊びの幅は更に広がっていくことでしょう。

ネットカジノをおすすめする理由

ネットカジノをおすすめする理由

ネットカジノをおすすめする理由

ネットカジノとは、インターネットで遊べる、本格的なカジノ(広義的にはオンラインカジノとも呼ばれる)インターネットで遊ぶ事以外に、海外で楽しめるランドカジノと変わりません。
しかもネットカジノは他のギャンブルと比較して最もテラ銭が低いギャンブルです。

テラ銭とは“カジノ側へ支払う控除率”であり、ギャンブルの「勝ち易さ」を示す重要な要素です。宝くじでは50%、競輪・競馬・競艇・オートレース等の公営ギャンブルは20%~25%、パチンコでも10%もテラ銭が取られていることをご存知でしょうか?

比べてネットカジノは平均5%程度で、ゲームによっては1%未満で稼動するものもあります。
これはネットカジノはインターネットを使った運営のため、人件費が掛からない事が背景にあります。

世界中のプレイヤーが24時間楽しむことができますので、顧客数が多く、薄利多売で運営できるのです。
その分プレイヤーが勝ちやすくなっています。

ネットカジノって違法じゃないの?

ネットカジノって違法じゃないの?

「ネットカジノを始めてみたい!」と思ってはいるものの、ニュース等で摘発が報道される「闇カジ」同様、「違法じゃないのか?」と不安を感じておられる方も多いかと思います。
日本は、競馬、競艇、パチンコなどは、合法的に賭博を楽しめる環境にあるものの、ランドカジノに至っては世界から乗り遅れている国でもあります。
しかし、2016年12月、IR推進法案(通称:カジノ法案)が可決されました(2017年現在)。

このような状況で「ネットカジノをプレイする事が違法か否か」は、対象のネットカジノが「日本国外運営のもの、かつ然るべき国のライセンスを合法的に得ているかどうか」で判断します。
つまり問題は「日本人が海外で認可されているネットカジノをプレイするのは違法ではないのか?」という点です。

この問題は、長らく…そして今でもはっきりしない状態ですが、それと同時にネットカジノのプレイヤーが逮捕・検挙されることもありませんでした。
ところが、2016年にそれぞれの自宅でネットカジノを楽しんでいた複数のプレイヤーが家宅捜査を受け、賭博の容疑をかけられる事件が起こりました。

容疑をかけられたプレイヤーのほとんどが略式起訴を受け入れ軽い罰金(10万~20万)で済ませましたが、一人だけ略式起訴を拒否したプレイヤーがいました。
賭博行為は認めるが、そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかなかったわけです。
結果、2017年に検察は起訴を見送り、不起訴となりました。

略式起訴を受け入れるか否かは、個人の判断の自由であって、受け入れれば罰金のみでフィニッシュです。
自宅でネットカジノをプレイして家宅捜査を受けるような事件はこの一件のみであり、略式起訴を拒否すれば不起訴で決着した訳です。
不起訴は、もちろん不処罰であって罰金も前科もつきません。

まとめ

まとめ

・ネットカジノはグレーゾーンだということ
・選ぶ際は信頼性の高いライセンスを取得しているかチェックすること
・常に情報収集すること

以上で述べた点からネットカジノは違法だと簡単に断ずることはできないのです。
だからといって合法とも言い切れませんが、現状はグレーゾーンということで認識しておいて下さい。

また、ネットカジノを選ぶ際は「運営元は認可されている海外のものか?」の点はしっかり確認し、ご自身の判断でプレイされるようにして下さい。
当サイトで紹介しているネットカジノは、国から厳しい審査を受けてライセンスを取得し、運営しているものばかりです。

エコペイズ登録時に迷いやすい場面を重点的に解説します!

エコペイズ登録時に迷いやすい場面を重点的に解説します!

日本に居ながらにして、世界中のカジノで遊べるシステムが、インターネット上のオンラインカジノです。
オンラインカジノ自体は、カジノが合法化されている国の法律に従って運営されているため安全性は高く、日本国内のギャンブルよりも還元率などの点で優れています。

国内からでも個人利用の範囲でアクセスする上では大きな問題はなく、最近は日本語に対応したオンラインカジノも増えています。
しかし、日本語に対応しているとしても障害が全く無いわけではありません。

その最大のものが、出入金に関する手続きの手間です。
海外でオンラインカジノを利用する場合は、クレジットカードやデビットカードを直接登録するのが基本ですが、日本国内からはカードの利用が制限されていることがほとんどです。

この問題に対処する方法が、「ecoPayz(エコペイズ)」という電子決済サービスへの登録になります。
ここではエコペイズの登録に関して、特に迷いやすいポイントを挙げながら解説していきます。

エコペイズで出入金をするには2ステップの登録が必要

エコペイズの口座は、アカウントを開設すると同時に利用可能になり、この段階からエコペイズ口座への入金とオンラインカジノへの送金ができるようになります。
ただしこの段階では日本の銀行口座への送金ができないため、オンラインカジノで得た勝利金を現金化することが不可能となってしまいます。

エコペイズでの出入金をするためには、会員のランクを1段階上げて出金が許可されるだけの信頼を得る必要があります。
会員ランクを上げる方法は身分証明書の提出で、先に作っておいたアカウント情報と本名や住所を照合することで、会員ランクのアップグレードが承認されるという仕組みになっています。

そのため、エコペイズに登録する際にはまず、最初に身分証明書や住所確認の書類を用意しておき、その内容と矛盾しないようにアカウント情報を作成することが大切です。

アカウント登録はローマ字に注意

アカウント登録はローマ字に注意

エコペイズの公式サイトは完全に日本語化されているため、操作自体に迷うポイントはほとんどありません。
もし日本語で表示されていない場合は、上のメニューバーの言語選択から日本語を選びましょう。

しかし他の海外サービスと同様に、個人情報の登録は日本語とローマ字をセットで入力する必要があります。
海外慣れしている人であれば問題ありませんが、初めてだとかなり戸惑うので注意しましょう。

特に気をつけたいのは、番地や丁目を入力するための「通り」欄の入力順が、日本語とローマ字とでは逆になっている点です。

また「ビル名」を無記入にしたい場合は、代わりに半角ハイフン「-」を入力しないとエラーになります。
ローマ字での住所記載に自信がないのであれば、日本語の住所表記を自動的にローマ字に変換してくれるサイトがあるので利用してみてもいいでしょう。
電話番号については、日本語だと最初から記載されている「+81」が日本の国番号を意味しています。

実際に、登録する電話番号については、携帯電話番号の最初の「0」を抜いて入力します。
これは「080」で始まる携帯番号であれば「80」から入力するということです。

最後に資金源を入力する項目がありますが、これは詳しく調査されるわけではないので預金や給与と書いておけば大丈夫でしょう。

本人確認の登録には写真のアップロードを使う

無事にアカウントの開設が終わったら、次は会員ランクのアップグレード手続きに進みましょう。
まず、メールアドレスとセキュリティについての設定を済ませてから「身元の確認」項目を選びます。

アップグレードに利用可能な本人確認書類は顔写真付きのパスポートか運転免許証、あるいは国民IDカードと表記されているマイナンバーカードです。
それとは別に、住所が記載されている書類も合わせて提出することになります。
住所確認に利用可能なのは、水道光熱費の領収書、銀行口座の取引明細書、住居証明書のいずれかです。

どちらも撮影した写真をアップロードする形で提出することになりますが、写真撮影は資料の文字が全て鮮明に確認できるようピンボケや被写体のフレームからのはみ出しを避けて慎重に行いましょう。

最後に現在の自分の顔写真も撮影して送る必要がありますが、これは本人確認書類の写真と照合することが目的なので髪型や眼鏡の有無など、あまり変化がない状態のものを撮影した方がいいでしょう。

以上3点の写真をアップロードするとエコペイズ側の審査が始まり、長くても2日ほどで結果が判定されます。
会員ランクのアップグレードが無事に済めば、あとはエコペイズを介した出入金によってオンラインカジノを自由に遊ぶことができるようになります。

エコペイズの登録には下準備をしてから進む

エコペイズの登録には下準備をしてから進む

このように、エコペイズの登録方法そのものは、基本的に海外の有料会員サイトの大多数と違いはありません。

しかし本人確認や住所確認の書類を手元に用意していない場合、入金してオンラインカジノでゲームを始めてしまった後になってから出金のためのアップグレードができないという事態に陥る可能性があります。

万全の状態でオンラインカジノを楽しむためにも、エコペイズの登録に関する情報や必要な書類については十分に下調べをしてから登録手続きを始めるようにしましょう。

カジノシークレットは登録と退会手順が簡単

カジノシークレットは登録と退会手順が簡単

日本でも人気のオンラインカジノの1つであるカジノシークレットですが、海外に比べると利用者は少ないです。
オンラインカジノを利用していない人の中には、オンラインカジノに興味はあるものの、始め方がわからない、退会できるかどうかがわからないので不安という人もいることでしょう。
これは日本がカジノに慣れ親しんでいない国であることも関係しています。

そこで今回は、カジノシークレットの利用方法や退会方法について紹介していきます。

カジノシークレットでオンラインカジノを始めよう

オンラインカジノで遊ぶためには、サイトなどに登録し、遊ぶためのお金を入金しなければいけません。
それはカジノシークレットでも変わりありません。

ですが始めるための流れは非常に簡単で3ステップでカジノシークレットでのゲームを楽しむことができます。
そのステップは以下のようになります。

STEP1:カジノシークレットに登録する
STEP2:遊ぶためのお金を入金する
STEP3:パソコンやスマホから好きなゲームを楽しむ

そのため特別な書類などの準備物はほとんどなく、ネット環境とパソコンやスマホなどのネットにつなぐことができるデバイスさえあれば始めることができるのです。

カジノシークレットにスマホから登録してみよう

カジノシークレットにスマホから登録してみよう

前述したようにカジノシークレットで遊ぶためには、まず最初にカジノシークレットにアカウントを登録しなければいけません。
カジノシークレットのアカウント登録はパソコンとスマホから行うことができます。

そこでここからはカジノシークレットのそれぞれの方法での登録手順を紹介していきます。

スマホの場合
①カジノシークレットの公式ホームページを開きます。

②画面上部にある「ここから登録」をクリックします。

③新規登録ページが開くのでメールアドレス、パスワード、電話番号を入力します。
パスワードは8文字以上20文字未満で、1つ以上数字を含めたものを入力する必要があります。
また電話番号は最初の0を抜いた形で半角で入力します。

そのため09012345678だったとしたら、9012345678と入力することになります。
これらの情報が入力できたら「次へ進む」をクリックします。

④別の入力画面が開くので、名前、苗字、国、通貨、郵便番号、都道府県、市区町村、それ以降の住所、生年月日、性別を入力します。

それらの入力が完了したら、入力欄の下にある「利用規約に同意します」にチェックを入れてください。
またカジノシークレットからのキャンペーンメールを受け取りたい場合は「フリーベットやキャンペーンに関する情報の受け取りを希望します」にもチェックを入れてください。
それらの入力が完了したら「アカウントを登録」をクリックします。

⑤ホームページ上でアカウント登録の手続きが完了すると、記載したメールアドレスにアカウントの有効化メールが届きます。
そのメールにはリンクが記載されているのでそれを開くけばアカウント登録が完了します。

ホームページ上で手続きが完了していても有効化メールを開かないとアカウント登録は完了しないので注意しましょう。

パソコンからの場合
パソコンから登録する場合は、カジノシークレットの公式ホームページを開き、画面上部にある「ここから登録」もしくはバナーにある「今すぐ登録!」をクリックします。

すると新規登録ページが開くので、あとはスマホの時と同様に必要な情報を入力し、アカウント有効化メールのリンクをクリックすれば登録はすべて完了します。

入力する情報にはどちらの方法でも違いはないので、自分の使いやすい方法でアカウント登録を行ってください。

カジノシークレットは退会することができるの?

カジノシークレットは退会することができるの?

カジノシークレットに登録したいけれども、自分に合わなかったときに退会できるのかが不安という人もいることでしょう。
カジノシークレットを利用した人の中には、登録して何回かは遊んだものの、自分に合わなかったのでアカウントを放置しているという人もいるかもしれません。

ですが実はカジノシークレットは長期間アカウントを放置してしまうと、管理手数料が毎月アカウントから差し引かれてしまいます。
そのため利用していなくても入金したお金が減ってしまうことがあります。

実際に利用規約にも「アカウントで、少なくとも12か月間活動がなかった場合、そのアカウントは「休眠アカウント」とみなされ、最大5ユーロの手数料が毎月アカウントから引き落とされます。」と記載されています。
そこでここからはカジノシークレットでの2つの退会方法を紹介していきます。

プロフィール画面からアカウントを停止する
カジノシークレットでは正式には退会ではなく、アカウントの停止や凍結といった方法をとっています。
そのための方法の1つ目は、公式サイトにログインして自分でアカウントの利用停止を行うものです。

公式サイトにログインして「責任あるギャンブル」→「ご自身の判断による利用停止」の順にクリックします。
すると利用停止する機関を選ぶことができるのでその中から「無限」をクリックします。
するとその時点で無期限のアカウントの利用停止状態にすることができます。

サポートセンターにアカウントを停止したい旨を伝える
2つ目の方法はチャットやメールでサポートセンターに連絡し、アカウントを停止したい旨を伝えるものです。
その際にはアカウントの停止を行う理由も伝える必要があります。

これらを伝えればアカウント停止の措置を取ってくれるため、自分で手続きを進める必要はありません。

まとめ

オンラインカジノは日本でも広まりつつありますが、まだ利用したことがないという人も多いです。
まだ一般的なものであるとは言えないので、登録方法や退会方法などがわからないという人も多いです。

ですがカジノシークレットのアカウント登録や退会は簡単な手順で行うことができます。
そのため難しい準備などは必要なく始めたり辞めたりすることができます。

そんなカジノシークレットでぜひオンラインカジノの世界を楽しんでみてください。

ブラックジャックのディーラー側のルールを学ぶ

単純かつ奥深いブラックジャック!

「カジノの王様」…と言われているのはバカラですが、その次に有名なゲームが「ブラックジャック」です。
ルールが単純かつ戦略性が高いため、むしろオンラインカジノではバカラよりも人気があります。

カードゲームとしてのブラックジャックはプレイヤー同士で勝負するゲームですが、カジノの場合はプレイヤーとディーラーが勝負をします。

ルール概要

ルール概要

とにかくカードの合計数値「21」を超えない範囲で高い数字を目指すテーブルゲームです。
カードの合計数値が「22」以上になってしまうと、その時点で負けとなります。
カジノに馴染みのない日本人でも、恐らく知らない人は居ないでしょう。

プレイヤーとディーラとで勝負し勝つと賭けた金額の倍が戻ってきます
そして勿論最強ハンドは、10以上のカード+A(エース)の組み合わせの「ブラックジャック」。
これで勝利すると賭けた金額は2.5倍になって返ってきます!

この「ブラックジャック」が、カジノゲームとしての「ブラックジャック」の醍醐味でしょう。

ゲームの流れ

最初にディーラー側に2枚、プレイヤー側に2枚のカードが配られます。
ディーラー側のカードは1枚は見れますが、1枚は伏せられたままです。
プレイヤーは自分の2枚のカードとディーラーの1枚の開かれたカードを見ながら、カードを引くか否かを決定します。

最初のカードを引くときに限り賭け金額を倍にする「ダブルダウン」が可能です。
また、最初の手札で「8」「8」、「3」「3」など同じ数字のカードがきた場合はカードを2つに分ける「スプリット」が可能となります。

どちらもリスクが増えるため、選ぶ場合は慎重に決定しましょう。

インシュランス

ディーラーが最初に開かれたカードが「A」だった場合、インシュランスをするかどうか聞かれます。
インシュランスをするには、賭け金額の半額が必要です。

もしディーラーの伏せたカードが10以上だった場合「ブラックジャック」となり、通常ならプレイヤー側も「ブラックジャック」でない限り賭け金額は返ってきません。
しかし、インシュランスをしていた時にディーラーが「ブラックジャック」だった場合、同じ額が返ってきます。

例えば10ドル賭けた状態でインシュランス時に半額の5ドルを支払い、ディーラーが「ブラックジャック」だったケースでは配当金は15ドルです。
通常では10ドル分の損失を±0に持っていける、ということになります。

インシュランスとは和訳すると「保険」という意味で、文字通り保険を掛けることが出来るということですね。

ブラックジャックで欠かせない用語

ブラックジャックで欠かせない用語

ヒット
カードを一枚引くこと。
数字が「21」を超えるまで何回でも可能。

ダブルダウン
賭け金額を倍にしてカードを一枚引くこと。
それ以降はカードを引けない。

スタンド
カードをこれ以上引かないこと。

スプリット
同じ数字のカードがきた場合、2つのカードに分割して勝負が出来る。

バースト
手札が「22」以上になってしまうこと。
プレイヤー側の場合は必ず負けになる。

プッシュ
引き分け。
プレイヤーとディーラーが同じ数字だった場合、賭け金額がそのまま返ってくる。

インシュランス
ディーラーの最初の手札が「A」だった場合、賭け金額の半額を賭けて「ブラックジャック」だった場合に引き分けにすることが出来る

サレンダー
ゲームを棄権し、賭け金額の半額が戻ってくる。

サイドベット
ブラックジャックの勝敗とは関係ない部分で賭けが出来ます。
勝率は低いですが、配当金は高額です。

パーフェクト・ペア
プレイヤーが最初に配られたカードの数字が2枚とも同じ場合に配当金が発生します。
数字が一致するだけでも配当金がありますが、スート(ハートやスペードなどの図柄)も同じ場合は、より多くの配当金が得られます。

21+3
プレイヤーが最初に配られた2枚のカードとディーラーがオープンにした1枚のカードを使って、スリーカードポーカーをします。
一番高い役は数字とスートが全く同じの「スーテッドトリップス」で、なんと配当金は100倍です。
他、「ストレート」や「フラッシュ」などの役も勿論あります。

ベットビハインド
自分以外のプレイヤーに賭けることが出来ます。
プレイ自体は完全にそのプレイヤーの判断です。
オンラインカジノではライブカジノなどで席が埋まっている場合に可能なテーブルがあります。

ディーラー側のルール

ディーラー側のルール

ブラックジャックには、ディーラー側にもルールがあります。
ディーラーは、カードの合計値が「17以上」になるまでヒットし続けなければいけません。

逆にカードの合計値が「17以上」になった時点でスタンドしなければなりません。
このルールはプレイヤー側に有利です。

例えば極端な話、プレイヤーがカードの合計値「10」でスタンドしたとします。
プレイヤーならカードの合計値「12」までならバーストする心配がなく引くことが出来ますが、ディーラー側は必ず「17以上」になるまでカードを引き続けます。
そのため、バーストさえしなければ合計値がいくら低くとも勝つ可能性は必ずあります。

ディーラーのルールを把握すれば、自然と勝率も上がるでしょう。

最速・最新・最安手数料が売りのペイトラを紹介

最速・最新・最安手数料が売りのペイトラを紹介

オンラインカジノは、私たち日本人も気軽に遊ぶことができ、比較的勝ちやすいギャンブルの一つとして有名です。
ペイアウト率は95%という圧倒的な高さを誇り、24時間365日いつでも遊べます。
現実世界では、例えば深夜麻雀がしたくなっても、場所もなければメンバーもそろわず一人ではできません。

そんな時、オンラインカジノに魅力を感じ、はじめてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

今、世間ではカジノを日本国内に誘致することの是非で騒がれていますが、日本人のオンライカジノの利用者は年々増えています。
しかし、オンラインカジノを始めたばかりの人が最初にあたる壁の一つに、オンラインカジノの「入金・出金」のややこしさがあります。

オンラインカジノは海外のギャンブル

もちろん、日本国内でカジノは禁じられています。
そのため、オンラインカジノはあくまでも海外のギャンブルであり、ここで遊ぶためには、海外のオンラインカジノの口座にお金を入金し、そこから出金する、という工程をつまなければなりません。
そして、日本国内の銀行口座から海外の口座に入金するためには、「海外送金」をしなければならないのです。

海外送金の手続きはかなり手間がかかり、しかも送金完了までかなりの時間がかかります。
何より手数料が非常に高くつくのです。
このような煩わしさから、せっかく始めようとしたにもかかわらず足が遠ざかっていってしまう人がいるのです。

入金方法は実はたくさんある

入金方法は実はたくさんある
しかし、安心してください。オンラインカジノへ入金する方法は、銀行口座から振り込む海外送金だけではありません。
最近のオンラインカジノでは、「電子決済サービス」というオンライン上に口座を開設し、ネット上でお金のやり取りをする方法が一般的になってきています。

電子決済サービスの魅力は、大きく2つ。
先ほど説明した海外送金が抱えるデメリットを完全に克服したものになります。

1 手数料
もちろん利用するサービスによって多少の金額は異なりますが、圧倒的に海外送金よりも安い金額で、アカウント作成も無料で行うことができます。
また、スマホ一つあれば、どこでもお金の管理ができることも魅了的です。

2 送金のスピード
こちらもサービスによるところもありますが、即日対応してくれるところも多くあります。

おすすめの電子決済サービスPaytra

オンラインカジノの世界で、比較的よく使われている電子決済サービスとして、「アイウォレット」「エコペイズ」などが挙げられますが、今回ご紹介するのは、「Paytra(ペイトラ)」という、2019年に登場した比較的新しい電子決済サービスについてです。

もちろん従来の電子決済サービス同様、オンライン上でオンラインカジノへの入金や、そこからの出金を扱えるサービスなのですが、もっと評価できるメリットは「手数料の安さ」です。
ちなみに、送金のスピードも申し分なく最短15分程度で反映されます。

冒頭の説明で手数料に関して、海外送金は非常に高い事、電子決済サービスだとそれが圧倒的に安くなる事をお話しました。
しかし、残念ながら「手数料が無料」にはなりませんでした。

安いとはいったものの、それはあくまでも海外送金と比較した場合の話であり、場合によっては「自分のお金を出し入れするだけで、数千円がかかる。」なんてことも普通に起こり得るのです。

そこで、今回ご紹介する「Paytra(ペイトラ)」は、この「手数料問題」を見事に解決してくれたのです。
ペイトラの場合、ペイトラの口座への振込手数料以外全ての手数料が「無料」なのです。

新規登録料も、為替手数料も、送金手数料も、ペイトラから口座への振込手数料も、退会手数料も、休眠口座管理手数料も、全て無料なのです。
すごくないですか?

しかし、「ほぼすべての手数料が無料だとなると、唯一優良な有料のペイトラ口座への振込手数料がかなり高いのではないか?」と思われるかもしれませんが、安心してください。
振込手数料は決して高くありません。理由は、ペイトラ口座への振込は「国内銀行振込」で行うことができるからです。

Paytraは日本国内に代理業者がいる

ペイトラは、海外企業が運営する会社ですが、日本国内に代理業者を設置しています。
そのため、私たちがペイトラの口座へ入金する場合、その代理業者が保有する日本国内の口座宛に入金することになるのでたとえ大きな金額を入金したとしても、振込手数料はほとんどかからないのです。

しかも、国内口座のメリットがもう一つ。
入金額が口座に反映されるまでの時間が圧倒的に早いということ。
銀行の営業日かつ営業時間内であれば、数十分もあればすぐに反映されます。

さらに、ペイトラ口座からオンラインカジノの口座への入金は15分程度で完了します。
ペイトラの口座があれば、とてもスムーズ、スピーディにオンラインカジノで遊ぶことができます。

Paytraは日本国内に代理業者がいる

使用できるオンラインカジノは3つだけ

これだけ魅力的なペイトラですが、まだサービスを開始してから間もないこともあり、使えるサイトが限られています。
3サイトだけです。

・ジパングカジノ
・777babyカジノ
・カジノジャンボリー

の3つだけで、これらすべてジパングカジノグループが運営しているオンラインカジノになります。

今のところ、ペイトラが使えるオンラインカジノはジパンググループの3サイトに限定されます。
この3サイトはいずれも、24時間日本語でのサポート体制が整っており、初心者の方にも優しく遊びやすいサイトになっています。

今後、増えていくことも期待できますのでカジノビギナーの方は、ペイトラの口座を作り、ジパンググループのカジノで遊ぶところからスタートさせてみてはいかがでしょうか。

老舗故の格式高い対応が人気のカジノ

老舗故の格式高い対応が人気のカジノ

オンラインカジノは世界中に多数存在しています。
それだけに、今からオンラインカジノを始めるユーザーはもちろんですが、たまには自分のお気に入り以外のオンラインカジノを楽しんでみたいと考えているユーザーも多いのではないでしょうか。

何せオンラインカジノは多数あります。
そして、それぞれが異なる特徴を持っているからこそ、「どのオンラインカジノにしようかな」と迷うのもよく分かりますし、その迷いもいわばオンラインカジノの楽しさの一部なのではないでしょうか。

その中でも、「迷ったらここにしておけば間違いない」とされている、クオリティの高いオンラインカジノがいくつかあります。
その一つがジャックポットシティカジノです。

何もかも申し分ないオンラインカジノ

ジャックポットシティカジノは、いわば「何もかもがクオリティ高く申し分ない」オンラインカジノです。
オンラインカジノはネット環境の発達によって、今でこそ先にもお伝えしたように様々な選択肢がある国際的娯楽と呼ぶに相応しいコンテンツです。

注目度も高いからこそ、近年様々な業者がオンラインカジノに登場していますので、だからこそ選択肢も増えているのですが、ジャックポットシティカジノに関してはオンラインカジノが注目される前、1998年に登場しています。

1998年と言えば、まだまだスマートフォンやタブレットも登場していません。
それどころか、国内に関して言えば「インターネット」という言葉を理解していた人も少ない時代です。

ガラケーと呼ばれる携帯電話さえまだまだ馴染みのない時代だったことを考えると、ジャックポットシティカジノの登場は、「オンラインカジノの人気に乗っかって登場したオンラインカジノ」ではなく、むしろ「オンラインカジノの人気を生みだした」「オンラインカジノ業界を支えてきた」オンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。

とは言え、ジャックポットシティカジノの素晴らしい点はそのような歴史に頼っているだけではなく、時代に応じてユーザーをしっかりと満足させている点にあります。

日本語サポートももちろんあります

日本語サポートももちろんあります

ジャックポットシティカジノでは日本語サポートをメール、チャットだけではなく、電話まで用意してくれています。
そして、ただ単にサポートを用意しているだけではなく、日本人気質に合わせるかのように、きめ細やかなサポートを行ってくれることでも知られています。

日本のサービスは「おもてなし」と呼ばれ、世界的にもクオリティの高さが目立ちます。
日本人にとっては当たり前でも、世界的に見ると「凄い」になります。

そのため、オンラインカジノのような海外のサービスのサポートを受けて「物足りない」「もっと丁寧に」と思う日本人ユーザーは実は珍しくないともささやかれていますが、ジャックポットシティカジノは日本人でも納得のサポートを行ってくれているので、何があっても安心できることでしょう。

ジャックポットシティカジノのライセンス

ジャックポットシティカジノはオンラインカジノを牽引してきたメーカーと言っても過言ではありません。
それだけに、ライセンスも当然のように取得しています
ライセンスの取得が厳しいとされているマルタ共和国、そしてカナワケから受けていますし、eCOGRAからも監査を受けています。

これらの「信頼できる材料」を見るに、「老舗だから」だけではなく、信頼できる理由が多々あることが分かるのではないでしょうか。

初心者から上級者までオススメできる理由

初心者から上級者までオススメできる理由

ジャックポットシティカジノは初心者から上級者まで、幅広いオンラインカジノユーザーにおすすめできるオンラインカジノです。
その理由として、初心者に対してはウェルカムボーナスが初回から4回目まで、最大で1600ドルも用意されている点です。
これからオンラインカジノをと考えているユーザーにとって、ウェルカムボーナスの存在はとてつもなく大きなものなのではないでしょうか。

一方で、上級者向けとされている理由に出金上限額がない点が挙げられます。
つまり、どれだけ大きな勝利を得たとしても一括での出金が可能です。

出金額に制限があるオンラインカジノの場合、何度かに分割して出勤しなければなりません。
しかしジャックポットシティカジノであれば、そのような煩わしさもなく一度に出金できますので、ハイローラーであればあるほど、ジャックポットシティカジノのシステムがメリットだと感じることでしょう。

まとめ

ジャックポットシティカジノはオンラインカジノ業界そのものを牽引してきた存在と言っても過言ではありません。
それだけに、ユーザー心理をよく理解し、応えてくれています。

もちろん歴史に胡坐をかくだけではなく、時代のニーズにも敏感に反応し、様々なサービスを用意してくれています。
どのオンラインカジノを楽しもうか迷っているユーザーや、クオリティの高いオンラインカジノを探しているユーザーにおすすめできるオンラインカジノです。

カジノの広報活動に制限がかかる理由

オンラインカジノはネット配信で問題が起きている

オンラインカジノはネット配信で問題が起きている

オンラインカジノはネットの動画配信サービスを経由するなどして宣伝したいと考えています。
しかし、ネットで気軽に宣伝できる問題が社会的に指摘されており、ギャンブル依存症を促進させてしまうと考えられています。

問題が更に大きくなっていくと、オンラインカジノはネット配信ができなくなり、宣伝が更に厳しいものに変わってしまうでしょう。

オンラインカジノとしては、ネットを上手に利用してしっかり宣伝したいと考えていますが、ネットの配信サービスで問題が起きている以上はかなり厳しい宣伝をしなければいけないと感じています。
今後はこの問題が解決されるかが重要になります。

動画配信サービスで禁止されることもある

動画配信サービスで禁止されることもある

YouTubeを中心に、オンラインカジノの動画配信を禁止しているサイトがあります。
オンラインカジノとしては、ネットをさらに利用して宣伝効率を高めたいと思っていますが、YouTubeを中心に利用できないサイトが多数生まれている問題はどうにもなりません。

何とかして宣伝をしたいと考えても、動画配信によって宣伝はできないため、静止画によるアフィリエイト宣伝をしなければどうにもならないのが現状です。

ネットの動画配信サービスは、多くの年齢層が利用しています。
特にYouTubeは年齢層が低い傾向にあり、子供が利用している傾向も多数あります。

子供に対してギャンブルを宣伝させるのは問題となりますので、YouTubeはオンラインカジノの動画配信を停止しています。
仮に動画配信で提供しているユーザーについては、動画の削除に動くことはもちろんのこと、動画を配信しているアカウントも凍結して、利用できない状態にしているのです。

オンラインカジノ側は、ユーザーがしっかりとサービスを利用してくれて、更に宣伝までしっかり実施してくれる動画配信サービスは活用したいと考えています。
しかし活用したいと考えても、動画配信サービス側が禁止している以上は使えないのです。

どうにかして利用したいと考えても、動画配信サービスは監視を強化しているため、なかなか動画配信できない状況が続いています。
問題が起きてしまうと不利益を与えられる可能性も高いため、問題は起こさないようにしましょう。

オンラインカジノの宣伝は静止画でしか実施できない問題も

一部のオンラインカジノはYouTubeで動画を配信していますが、オンラインカジノの宣伝というよりバラエティ番組に近い形式を採用しており、動画のジャンルをオンラインカジノの宣伝にしないよう心がけています。

普通のユーザーはこうした問題点に気づかずオンラインカジノのプレイ動画をそのままアップロードする問題が起きてしまいますが、アップロードするとすぐに削除されてしまいアカウントが消去される可能性も高くなります。

オンラインカジノとしては、宣伝に問題が起きていると最終的にユーザーが集まらないと考えています。
そこでネットによる宣伝は静止画を採用する傾向にあります。
静止画を採用しておけば、動画配信サービス以外でも宣伝できるほか、ネット上で気軽に設置できるメリットがあります。

更に協力してくれるユーザーに対して報酬を支払えば、ユーザーはどんどんバナーを貼り付けてくれるのです。
こうした状態を作って、より宣伝効率を高めようとしています。

ユーザー側が協力してくれないことにはオンラインカジノの宣伝はできません。
そしてオンラインカジノの宣伝を増やすためにもユーザーの協力は欠かせない状態です。

オンラインカジノは単独で宣伝してもあまりいい状態が作られません。
より多くの宣伝を実施するためにはユーザーの協力が何よりも大事な状態であり、どんどん協力してくれるような状況を作ってくれなければなりません。
それができないとかなり厳しい状況に陥ります。

宣伝ができないと厳しい状況に陥ってしまう

宣伝ができないと厳しい状況に陥ってしまう

オンラインカジノの多くは利益を追求し、経営状況を安定させなければ消えてしまいます。
経営状況を安定させられない状況を作ってしまうのは良くないため、ユーザーに対して宣伝し続ける状況を作り続けないと駄目なのです。
しかし、オンラインカジノの宣伝は一部サイトではできないほか、動画による宣伝がほとんどできない状況に陥っている以上、なかなか難しい現状も抱えています。

何よりも問題とされているのは、未成年に対してオンラインカジノの宣伝が簡単に実施されてしまう問題です。
未成年のユーザーが簡単に動画を見てオンラインカジノを始めようと考えてしまうと、様々な問題が起きてしまいます。

オンラインカジノは未成年のユーザーでは遊べないように設定していますが、オンラインカジノというものを知ってしまうだけでも悪影響は避けられません。
動画配信サービスはそうした問題を危惧しており、安心して楽しめる環境を整備しているのです。

オンラインカジノは宣伝をしっかりと進めたいと考えているものの、現状は動画配信サービスなどでできない問題が社会的にも厳しい問題として扱われているのです。

飽きが決して来ない一級品のギャンブル

飽きが決して来ない一級品のギャンブル

インターネットでの楽しみ方は色々ありますが、その中でも最大級で熱くなれるのはオンラインカジノかもしれません。
カジノではルーレットやスロット、そしてブラックジャックやポーカー、バカラといったカードゲームでチップやコインを賭けて、じっくりと時間をかけて勝負したり、大きく賭けて一気に稼ぐ醍醐味があります。

そんなカジノの魅力をインターネットで堪能できるのが、オンラインカジノなのです。

オンラインカジノに人気が集まる理由

インターネットで賭けることができるギャンブルと言うと、競馬や宝くじもネットを利用することができるのですが、オンラインカジノの方に多くのプレイヤーが集まっています。
オンラインで楽しむギャンブルの中には、リアルタイムにゲームを楽しめて、当たれば大きな配当金をもらえるゲームもあります。

しかしながら、他のギャンブルと比べてペイアウト率が高いという点を考慮した場合、稼ぐことを目的とするなら、ゲームを楽しめてさらに稼ぐチャンスが高いオンラインカジノを選んだ方がいいということなのです。

また、オンラインカジノは、この数年でスマホが使えるサイトも増えてきているので、ネットが使える場所なら何処からでも参加できるようになっています。
この点もオンラインの人気を高めている理由の1つかもしれません。

では、オンラインカジノでホットなゲームとしては、どんなものがあるのでしょうか?

ドンと稼げるチャンスがあるスロットマシン

ドンと稼げるチャンスがあるスロットマシン

オンラインカジノでは、とても大きな配当金をゲットできるゲームがあるといいましたが、それがスロットマシンです。
スロットはコインを入れて、後は絵柄を回すだけで、自動でラインが揃うかどうか決まります。
賭けたライン数によって、配当金が戻って来るのですが、これでも大きな倍率で20~30倍といったレベルです。

しかし、スロットにはさらに大きな配当金が待っています。
それがジャックポットという大当りの特典で、その額は日本円にして数千万円にもなる大きさです。
日本からの参加者でも何気なくスロットを回していて、ジャックポットにヒットさせた人が何人もいるのですから、決して他人事ではありません。

ビデオポーカー

カジノではトランプを使ったギャンブルとして、ポーカーがありますが、オンラインカジノではビデオポーカーに人気が集まっています。
これは前出しのスロットマシンのように、コンピューターグラフィックで作られたビデオゲームタイプのギャンブルです。

ルールは5枚のカードで強い役を作り、高い配当金を狙っていきます。
普通のポーカーは、参加してくる他のプレイヤーとの勝負になるのですが、ビデオポーカーはあくまで強い役を作りながら、1人で戦うゲーム。
それ故黙々と賭けることに専念することができます。

しかも、普通のポーカーではない「ダブルアップ」というオリジナルのルールがあり、これで確率50%で手元のコインを倍々で増やして行くことができるのです。

ライブカジノ

ライブカジノ

これまで紹介してきたスロットやポーカーは、CGコンテンツのゲームでした。
しかし、これを越えるような人気が出て来ているのが、ライブカジノです。
これは新たなオンラインカジノの形態と言っても過言ではありません。

カジノでゲーム進行を采配するディーラーの動きをライブカメラで撮影して、それをインターネットでストリーミング配信しているのです。
そのために、この分野のゲームでは高い臨場感のあるゲームを満喫することができるわけです。

ブラックジャック

カードゲームのブラックジャックが、ライブカジノのジャンルでは一番人気と言ってもいいのではないかと思われます。
ブランドジャックは、カードを配るディーラーとプレイヤーとして参加する自分の1対1で戦うギャンブルです。
1つのテーブルで7、8人くらいのプレイヤーは参加できるのですが、自分がディーラーと勝負している際中は、待っている状態です。

ルールは手持ちカードの合計が21か、それに近い方が勝ちとなりますが、ディーラーから始めに配られる2枚のカードだけで、21に近い数字になっていることはそう多くはありません。
そこで、21に近づけるためにもう1枚、2枚と追加のカードをディーラーに求めていくのですが、下手をすると21を越えてしまい、その場で失格、敗けが確定します。

そのためにディーラーの手元のカードや自分のカード、他プレイヤーの、オープンになっているカード情報を見ながら、次にどんなカードが出てくるのかを予想して、追加カードを足すかどうかを限られた時間の中で決めていかなければなりません。
この駆け引きが、ライブカジノではとても魅力的なのです。

楽しいライブカジノの数々

リアルタイムが真骨頂のライブカジノですが、ブラックジャックだけでなく、ルーレットやバカラなども奥深いライブカジノでプレイすると、その場にいながら賭けている感覚になれるので、トライしてみる価値は大いにあります。