負の側面を知ることで予防策とする

ギャンブル依存症患者が多い

オンラインカジノと社会的な問題は切り離せないといえるでしょう。
気軽に登録をすることが出来て、いつでも楽しめるオンラインカジノは非常に刺激が強いギャンブルです。
勝てば大金を得ることが出来ると言うことからギャンブル好きの方にとっても非常に刺激があり、はまりこんでしまう恐れがあります。

勝ち負けの差が非常に大きいこともあり、気持ちを自制することが難しくギャンブル依存症に陥ってしまう危険性が非常に大きいです。
実際にギャンブル依存症になってしまった方も少なくありませんし、限度額以上にお金を使い込んでしまい、破産してしまう方もいます。
そうならないように、ギャンブルにはまり込んでしまいやすい人は手を出してはいけません。

オンラインカジノとスパム広告の存在

スパム広告とは迷惑広告のことです。
オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方も多いと思いますが、ブログなどに大量に貼り付けられていたり、メールで英文が送られてくることもあります。
オンラインカジノを紹介するウェブマスターが、このようにスパム広告を送りつけており、現在社会的な問題にもなっています。

優良業者ならばこういった行為をすることはありませんが、悪質な業者によって、オンラインカジノ業界全体がイメージダウンしていることに繋がっています。

オンラインカジノのサービスは発展途上である

世の中のサービス産業の中でも、オンラインカジノのサービスレベルはまだまだ発展途上ですし、サポートなども期待できないことが多いといえるでしょう。
最近では、日本語サポートやチャットが充実しているところもあり、こういったサイトは顧客満足度が高いところもありますが、トラブルなどの不具合にスムーズに応じてもらうことが出来なかったり、あるいは日本語が通じなかったりするケースも多々あります。

オンラインカジノのサービスレベルはまだ発展途上であり、他のサービス産業と比較すると、サービスレベルは期待できないといえるでしょう。
オンラインカジノを新しく始める場合には十分に気を付けましょう。

インカジなどの違法カジノの問題

オンラインカジノといえば、インカジと呼ばれるようなカジノカフェが今社会問題となっています。
インカジは暴力団とのつながりもあり、イカサマがまかり通っています。

日本国内で営業されているということから、違法になってしまいますので、くれぐれも足を踏み入れないように気を付けましょう。

■悪質なオンラインカジノの特徴

オンラインカジノは、残念ながら全てのカジノが安全に遊べるというわけではありません。
たくさんのオンラインカジノがある中でも、悪質カジノと呼ばれるようなサイトに登録をしてしまえば、お金が正常に支払われなかったり、支払い遅延となってしまうことがあり、泣き寝入りすることになってしまうといえるでしょう。

悪質カジノの特徴として、正常にお金が支払われないということもありますが、時にはそのままサイトが閉鎖してしまうこともあります。
実際にカジノが夜逃げしてしまったというケースもあります。
また、悪質なオンラインカジノは登録すると、スパム広告が送りつけられてしまったり、迷惑メールが大量に届くことになることも有ります。
こういったカジノは絶対に避けなければなりません。

悪質なオンラインカジノは見分けることが出来る

悪質なオンラインカジノですが、実はホームページの印象でも見分けることが出来ます。
優良なオンラインカジノと比較すると、ライセンスマークが記載されていなかったり、採用されているソフトウェアの記載がされていないことが多いですし、運営会社の情報も記載されていないことが多いです。

また、悪質なオンラインカジノは、サイトの作りが安っぽく簡易な印象を受けたり、誤字や脱字、文章が読みにくかったりすることも多いです。
こういったサイトは、危ないので避けておきましょう。
オンラインカジノはサポートにメールをすることが出来ますので、簡単な質問をしてみて、返事がなかったり対応が杜撰なら避けておきましょう。

悪質カジノを避けるよりも評判の良いカジノを選ぶ

悪質カジノというのは日々移り変わるものなので、それを避けようとすると難しい場合もあります。
中には、カジノ側の自作自演の宣伝がされていることもありますので、プレイヤーの生の声と勘違いして登録をしてしまうこともあります。

このため、評判の良い優良カジノを選定し、そういったカジノで遊ぶべきです。
ランキングサイトで定番のカジノ、そしてプレイヤーからの評価が常に高いカジノを選ぶと良いでしょう。

オンラインカジノは日々移り変わるので注意

オンラインカジノは日々移り変わるもので、たとえば運営者が変わったり、経営方針が変わることによって、元々優良だったカジノもそうではなくなってしまうこともあります。
突然閉鎖してしまうということがないようにするためにも、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。

オンラインギャンブルにイカサマはつきものなのか?

オンラインカジノとイカサマ

オンラインカジノとイカサマ

オンラインカジノをやる上で「イカサマがないのか」と気になる方は多いといえるでしょう。
顔が見えないインターネットのギャンブルには日本人はまだまだ馴染みがありません。
このため、イカサマや詐欺があるのではないか、勝つことが出来ないのではないかとイメージする方は多いです。

しかし、オンラインカジノは詐欺やインチキが比較的少なく、クリーンなギャンブルとなっています。
オンラインカジノを運営するためには、ライセンスが必要であり、さらに定期的に外部監査団体の監査が入っています。
公平性や安全性は保たれており、信頼できるオンラインカジノであれば、イカサマなどもなく、安心して遊べます。

悪質なカジノも存在している

世界中には、数千もの多くのオンラインカジノがあります。
中には、悪質カジノと呼ばれるような、支払いに応じないカジノ、不正が横行しているオンラインカジノもあります。
このため、絶対にインチキがないとは言い切ることができません。

しかし、大手で信頼性のあるオンラインカジノでは、まずインチキはあり得ないと考えられています。
知名度の高いオンラインカジノはライセンスが国から発行されている上、外部の監査機関によって定期的に厳格に監査が入っています。
大手のオンラインカジノは、プレイヤーからの評価を非常に気にしており、企業の信頼が落ちてしまうようなことは避ける傾向にあります。

従って、イカサマや詐欺をして信用が落ちてしまうようなことはしないと考えられます。

オンラインカジノの詐欺について

オンラインカジノの詐欺について

オンラインカジノというと、「詐欺・イカサマ」だとか「不正で勝つことが出来ない」とイメージする方は多いのではないでしょうか。

オンラインカジノというと、インターネット上で出来るギャンブルということもあり、知識がない方からすると、危険性が高いと思われがちです。
しかし、実際は適切な運営をしているオンラインカジノであれば、問題なく利用することが出来ます。
このような詐欺行為を行っているとすれば、それはライセンスを取得していない、悪質カジノだけです。

プレイヤーがこのような悪質カジノを見抜く目さえ持っていれば、このようなカジノに引っかかってしまうことはありません。
また、今はオンラインカジノに関する情報が出回りやすくなっていますので、ユーザーからの詐欺の情報が出回り、すぐにユーザーが消えてしまいます。
よって、悪質なオンラインカジノは、経営できずに消滅していく一方ですし、それほど以前よりも多くありません。

大規模なオンラインカジノはまず問題ない

一つの目安として、ライセンスを取得しており、世界的に知名度のあるオンラインカジノは、詐欺やインチキはないと考えて問題はないといえるでしょう。
こういった知名度が高いオンラインカジノは、既に多くのプレイヤーからの人気があり、自動的に収益が発生しているからです。
不正をしたりイカサマをすれば、その口コミが広がってしまい、直ちに運営をすることが難しくなってしまいます。
一時的な収益のために、自動的に収益が入ってくるオンラインカジノの運営を手放すはずはないと考えられます。

また、知名度の高いオンラインカジノは、株式上場をしていて、社会的に信頼の高い企業が多いです。
不正やイカサマをすれば信頼を失ってしまい、今後事業を行う事が出来なくなってしまいます。大規模なオンラインカジノほどこの傾向が強いため、不正をすることは考えにくいです。

オンラインカジノはそもそも運営側が儲かる仕組みである

オンラインカジノはそもそも運営側が儲かる仕組みである

オンラインカジノは詐欺、イカサマというイメージを持つ方も多いですが、オンラインカジノは、そもそも詐欺やインチキをしなくても、運営側が儲かる仕組みとなっています。
ハウス側が儲かるシステムとなっていて、集客すれば儲かる仕組みなので、イカサマをしてライセンスが剥奪されてしまうリスクを侵す必要がありません。
また、ライセンスを取得するまでにも、半年以上の月日がかかり、高額なライセンス料を支払っているので、不正をしてまで一時的な利益を取るとは考えにくいです。

オンラインカジノの運営業者は、株式市場に上場している有名企業が多く、社会的な信頼も高い企業ですので、こういった詐欺やインチキをするメリットはなく、安全性は高いと考えて良いでしょう。
しかし、カジノを選ぶ際には、悪質なカジノに引っかからないように注意をする必要はあります。

外部の監査機関の存在がある

オンラインカジノの運営についてですが、公平性を監査する機関があります。これが外部監査機関の存在です。
「イーコグラ」という監査機関はオンラインカジノ業界において、信頼性が高い監査機関として知られています。
第三者組織によって公平性やプログラムの不正がないかなどが厳しく監査され、それは公表されることになります。
そこまでして、クリーンであることを公表しなければ、プレイヤーを集めることが出来ません。

大手のオンラインカジノは、こういった理由で安全なのです。

ボーナスで注意すべきこと

オンラインカジノの無料チップは便利だが

オンラインカジノの無料チップは便利だが

ボーナスとして支給されるオンラインカジノの無料チップは、最大で50ドルくらいまで準備されていることもあります。無料で遊べるのはとてもいいですし、ゲームの方針などを理解するために使うことができるお金としても活用できます。
オンラインカジノの場合は、ボーナスを得ていることで、無料でゲームのスタートが可能になります。ただ、ボーナスによってジャックポットを当ててしまった場合、そのお金は全額出金できなくなっているので、出金できずにとても嫌な思いをするでしょう。

無料ボーナスの儲けは必ず引き出せるわけではない

無料で提供されているボーナスについては、オンラインカジノで当てた儲けがすぐに引き出せる訳ではありません。オンラインカジノ毎に引き出し制限が設定されている為、一定の条件をクリアしないと出金できないような設定となっています。その為、出金したいと思っている場合でも、無料で支給しているチップの額や引き出し条件次第では出金手続きを行っても対応して貰えない場合があります。
しかしながら、無料ボーナスで得たチップでジャックポットを当ててた場合、出金制限をクリアしている可能性が高く獲得したチップは通常通り出金することが出来る可能性が高まります。

オンラインカジノのボーナスは適当に使おう

無料ゲームで得ているボーナスは、適当に使ってしまったほうがいいですし、スロットマシンのように高額配当を得られるゲームを使わないほうがいいです。
ボーナスを得た場合は、無料ボーナスについては早々に使い切り、有料のボーナスからスロットマシンに挑戦するなどして、多くの金額を出金できるような状況にして、ゲームを遊んだほうがいいのです。

ボーナスをオンラインカジノから出金できる人は稀

ボーナスをオンラインカジノから出金できる人は稀

オンラインカジノからボーナスを出金できる人は、相当稀だと考えていいでしょう。99%の人が、ボーナスの出金制限をクリアすることなく、オンラインカジノで全てのお金を使いこんでしまいます。オンラインカジノではそう簡単にボーナスの出金制限をクリアできるほど楽ではありません。

オンラインカジノのボーナスを出金する壁は高い

オンラインカジノのボーナスを出金する壁は高い

出金制限が非常に厳しく、オンラインカジノから出金できるようにする条件を攻略するのはとても大変です。100ドルの入金でさえ、40倍なら4000ドル、50倍なら5000ドル以上のゲームプレイが必要になります。ボーナスを100ドルもらっている場合、200ドルがアカウントに入っていることが多いのですが、200ドルから4000ドルまでプレイを続けるというのは、非常に難しい部分もあるでしょう。
しかも、スロットマシンをプレイしない限り、オンラインカジノの出金制限を攻略するのは相当難しいです。的中だけならルーレットやバカラで対応できますが、ボーナスの制限解除までに必要な金額がさらに多くなってしまい、100万円以上つぎ込まないと出金できない場合もあります。
ボーナスを出金したいと思っている人は、ある程度厳しい壁をクリアすることを狙って、スロットマシンに挑戦しています。ただ、スロットマシンは的中確率が低いことに加えて、オンラインカジノでも安定してお金を稼げない状況が続きやすいこともあり、大半の人がボーナスの出金制限をクリアすることなく、お金を失ってしまいます。

ボーナスを受け取らない選択も大事

オンラインカジノで大事なことは、ボーナスを受け取れない選択が用意されることです。ボーナスを必要としていない人は、先にオンラインカジノ側に連絡をして、ボーナスを放棄したほうが楽になります。これなら得ている利益をすべて出金できますし、ボーナスの出金制限のことを考えてゲームをプレイする必要はありません。
ボーナスを受け取っている人が、オンラインカジノから出金したいと思っているなら、少しでもスロットマシンを当てられるようにタイミングを計ったり、的中したときに得られる利益が大きいスロットマシンを選択するといいでしょう。
ボーナスを得ても出金できない状況が続いてしまうのは良くないですし、多くのお金を失ってしまう問題につながっているので、ボーナスをもらわない選択肢も当然考えていくのです。

攻略法で勝利を目指す

マーチンゲール法

マーチンゲール法でオンラインカジノを攻略

オンラインカジノを楽しむならば、攻略法を身に付けてください。「ベッティングシステム」の一種である「マーチンゲール法」について解説しましょう。

オンラインカジノとマーチンゲール法の相性

「マーチンゲール法」は「ベッティングシステム」の代表格です。そのため、さまざまなカジノゲームと相性がよく、オンラインカジノであっても例外ではありません。ただし、概要を熟知してから取り組まなければ大きく損をします。つぎの項目でしっかりと学習してください。

マーチンゲール法の概要

戦略的な賭けかたが「ベッティングシステム」です。なかでも「マーチンゲール法」は、古典的な手法であり、ギャンブラーなら学習が必須です。その手法は「負けたら倍賭け」であり、シンプルですからだれでも取り組めるでしょう。面倒な計算は不要です。勝ったら最初から始めてください。「一度の勝ち」で負け分を取り戻せます。理論上は絶対に勝てる「ベッティングシステム」です。

マーチンゲール法は無敵でしょうか?

「マーチンゲール法を使えば、オンラインカジノで負けないのでしょうか?」
答は「ノー」です。絶対に勝てるとはいえません。理論上無敵とされる「マーチンゲール法」ですが、欠点が存在します。それは、「軍資金額」と「ベットリミット」の問題です。具体的に話を進めましょう。想定以上の連敗が続くと、負け分を取り戻すために「ベット額」が急激に膨らみ(ふくらみ)ます。ここで「軍資金額」が底を尽いてしまえば、「マーチンゲール法」が破綻(はたん)します。それから、カジノゲームには「ベットリミット」が存在していることをご存じでしょうか?「ベット額」の「上限・下限」が設定されているのです。連敗が続いたケースで、ベットルール通りに賭けられない可能性があります。「ベット額の上限」が障害となるケースです。こうなると「マーチンゲール法」を続けられません。工夫が必要です。連敗が続いた場合には、「自分なりのルール」を作って対処しましょう。たとえば、5連敗以上の場合には、思い切って最初から始めてみませんか?

マーチンゲール法が適用できるゲームについて

「マーチンゲール法」はきわめて「ローリターン」な攻略法です。オンラインカジノでカジノゲームを選ぶ場合には、「勝ちやすさ」にこだわってください。具体的には、「配当2倍」の「勝率50パーセントゲーム」が該当します。「マーチンゲール法」を上手に使って、「勝ち」をつみかさねましょう!

モンテカルロ

モンテカルロ法でオンラインカジノを攻略

オンラインカジノを攻略するためには、「ベッティングシステム」の活用が必須です。有効な手法を解説しましょう。

オススメの手法について

オンラインカジノの攻略法は「さまざまなもの」が考案されています。そのなかで、ギャンブル全般に「有効なもの」もあります。
それは、どのようなものでしょうか?その答はズバリ「ベッティングシステム」の活用です。「戦略的な賭けかた」を指しており、資金管理をしながらギャンブルに取り組む手法です。精神的に熱くなってしまうと、ギャンブルは負けに等しくなります。一時的な負けを取り戻そうとして、「強引な賭け」に走ってしまいがちです。気持ちは分かるのですが、最終的な「勝ち」をめざすならば、常に「冷静な賭け」を心がけなければなりません。「ベッティングシステム」の活用は、「冷静な賭け」のための大きな指標になります。

モンテカルロ法の概要

「モンテカルロ法」は「ベッティングシステム」の一種です。少々複雑な計算が必要であり、オンラインカジノに向く手法であると考えられます。数列を計算して「ベット額」を導く手法であり、メモとペンを使って「ベッティングシステム」を活用するのです。比較的長期戦に向く手法であり、根気強く取り組まなければなりません。

モンテカルロ法の長所

「3倍以上の配当ゲーム」に向くところが長所です。「マーチンゲール法」では活用しにくい配当のゲームに応用が利きます。また「ローリスク」で資金管理できますから、精神的に楽です。たとえ連敗が続いても、「マーチンゲール法」のように急激な「ベット額の高騰」がありません。軍資金が少なくても、持ちこたえられます。

モンテカルロ法の短所

「モンテカルロ法」を「2倍配当ゲーム」に活用した場合には、ワンセッションが終了しても利益が確定しないケースが存在します。これでは攻略法とよべませんね。また「セッション」の終了をめざしてほしいのですが、時間がかかりすぎるケースがあります。短期決戦を目指す場合には向かない手法であると考えてください。それから、頭の中だけで「ベット額」を導けませんから、リアルカジノでの活用ができません。これらの短所を十分に理解しておきましょう。

モンテカルロ法

カジノゲームとモンテカルロ法

「モンテカルロ法」に最適なオンラインカジノゲームはズバリ「ルーレット」です。ルーレットにおける「3倍配当ゲーム」といえば、「ダズンベット」「コラムベット」です。
「モンテカルロ法」を上手に活用すれば、想像以上の「勝ち」を収められます。

「倍返し!!」を狙って100000円を入金して勝負じゃぁ!!

「ふふ・・・馬鹿だなあ、戦ってやつは負け戦こそおもしろいのよ!!」
って、本来なら余裕をブッかましてこんなセリフを吐くのがオレ様なんだろうがさすがに(最近の話ではあるが日本円で25万円近くも負けてしまうとそんな余裕すらなくなるぐらい自暴自棄になってしまうぐらいオレ様のハート繊細なんだ!

だからといってだな、クヨクヨ落ち込んでるだけでは取り返せない。
高視聴率ドラマ半沢のセリフのようにここはひとつ「倍返しだ!!」の精神で乗り越えてやる!!

ってことで、思ったら即行動ってのがオレ様のモットウだからドカッと1000ドル入金じゃい!!
しかも、出金条件とかが付くとなんだか気持ち悪いので毎度のごとく入金ボーナスは使用せず!!

「

入金後のこのポップアップで出てくるコメントがオレ様の勢いを加速させてくれるぜっ!!
(ご幸運をお祈りしてもらったところでどうにもこうにもなるわけじゃないんだがなw)

さて、1000ドル入金したからキャッシャー額の確認もクソもないが一応いつもの通りに、

「

ちなみに、今回オレ様が勝負をかける機種は前回のプレイで合成ボーナス確率が脅威の1/45だった
プレンティ・オーフォーチュンってことは、さすがに勘の鈍いお前らでも画像を見て気付いただろうな(笑)

しかしまぁ、オレ様的オンラインカジノ大反省会で先日の大敗の原因のひとつとして
「調子にノッてラインベット額を上げすぎてるんじゃね~の?」という声もあったので
今回はいつもより低めのラインベット額を0.1ドル合計ベット額2ドルに設定してからのスタート!!

しかし、スタートから100ゲーム終了時点でボーナス獲得ならず・・・
(ラインベット額を下げたので収支的にはマイナス87ドルですんでいるんだがw)

ここで前回の大敗の悪いイメージがオレ様の脳裏をよぎりテーブルゲームへの移動を考えたが
ここで引き下がるとスロットで負けっぱなしの負け犬になってしまうってことで気合の続行決定!!

さらに、ここからもなかなかボーナスが引けなかったが遂に200ゲーム手前の185ゲームで
本日1回目のフリーゲームボースをゲット!!

「

ラインベット額が少ないのであまり多くの配当は期待していなかったが、

「

なんとかかんとか84ドルを獲得して「倍返し!!」への望みをつないでいく。

しかし、このボーナスだけでは184ゲーム間のマイナス収支は埋め切れていないので
次回のボーナスが早めにヒケることをこころから願い再び通常ゲームをスピンし始める。

すると!!!

「

奇跡の1ゲーム連チャンをゲット!!!!

パチスロ4号機「吉宗」もビックリの連チャンぷりだろっての!!!
(オンラインカジノのスロットにそんな機能はついてませんw)

そして、このフリーゲームでさっきより多い

「

99ドルをゲットしマイナス収支もかなり埋まってきた!!

ここでノッて来たオレ様は一気に畳み掛けてやろうとラインベットを上げてやろうかと考えたが
昨日の敗戦の痛みがまだ癒えていないのとベット額を上げると波が変わる都市伝説を信じ思いを断念。

ベット額を上げなかったから波が変わらずヒケたのか195ゲーム目でもフリーゲーム獲得!!

「

しかし、獲得した後で思うことは・・・

「ラインベット額あげといたら良かった・・・w」

まぁ、マイナスになるわけではないので前向きに捉えフリーゲームをスピン!!!

「

まぁまぁ、ラインベット額0.1ドルならこんなもんだろって感じの71ドルをゲットw

これでなんとかマイナス収支を埋めてプラス収支に変換できた!

っと、ここで200ゲームが終了。

いつもなら強引にでもプレイを続行するのがオレ様流なのだろうが今日は冷静になって考えてみる・・・

200ゲーム終了時点でのボーナス獲得確率は1/66.6・・・

普通に考えればボチボチ良さそうな感じもするが、今日は「この世の終わりボーナス」引けていない・・・

ひとりパソコンの前でブツブツ言いながら最終的には「勝てば官軍」とばかりにここで終了を決意!!

「

結果的には大敗分を取り戻すどころかプラス22ドルのショボ勝ちではあったが
やはり負け癖が付くとよくないと判断したオレ様の感性はきっと今後に生きてくるはず!!

ってことで、今日はなんだかオンラインカジノのスロットにおける模範的な止め方が出来た気がするので
自制心がなくダラダラと打ち続け結果的に大敗を喫してしまうバカヤローは参考にするといいだろう!!