ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法

気軽に遊べるのがオンラインカジノのメリットですが、これが理由でギャンブル依存症になりやすいというデメリットも指摘されています。
ギャンブル依存症というのは個人の甘えとかではなく、世界保健機関(WHO)も認める深刻な精神疾患で、精神科や心療内科などで治療を受けることもできるれっきとした病気です。

ギャンブル依存症を防止するためにも、オンラインカジノで遊ぶ前に、その対策法などを理解しておくことが重要です。
ここでは、ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。
特にこれからオンラインカジノを始めようとしている方の参考になれば幸いです。

現金いらずのオンライン決算の落とし穴

現金いらずのオンライン決算の落とし穴
オンラインカジノはインターネット上で利用するサービスなので、現金を使うことはできずオンライン経由で入金することになります。
オンラインカジノに入金するには、アイウォレットやエコペイズ、ビーナスポイントなどのオンライン決算サービスのほか、クレジットカード、仮想通貨などが使用できます。

銀行送金が選択できるオンラインカジノもありとても便利ですが、これも口座からの振込になるので現金を目にすることはありません。
このように、オンランカジノへの入金は、口座の残高の数字を移動させるだけなので、お金を使ったという実感が現金での支払いに比べて乏しく、歯止めが利かなくなる原因のひとつでもあります。
このような要因から、オンランカジノはギャンブル依存症になりやすいと言われているのです。

場所と時間を問わずに何時でも遊べる

場所と時間を問わずに何時でも遊べる
オンラインカジノの最大のメリットは、ランドカジノやパチンコ店などと違い、年中無休で24時間サービスを提供していて、自宅に居ながら何時でも遊べることでしょう。
公営ギャンブルの競馬や競艇は開催時間が決まっており、パチンコ店も風営法によって規制されていて深夜の営業は禁止されています。

ランドカジノが合法な国では24時間営業のカジノもありますが、日本でこのようなサービスを提供するカジノは存在しません。
しかしオンランカジノに登録すれば、いつでも自宅に居ながら気軽にギャンブルが楽しめるだけでなく、スマホを使えば外出先でも遊ぶことが可能という便利さです。
このように非常に便利なオンランカジノではありますが、その気軽さゆえにギャンブル依存症を加速させてしまうという側面があることを忘れてはなりません。

射幸心を刺激する高いギャンブル性

オンラインカジノは日本だけでなく国際的にサービスを提供しており、あらゆる国のプレイヤーが楽しめるよう、過剰な演出や高いギャンブル性が強調される傾向があります。
日本独自のパチスロやパチンコは、わざわざ規制で射幸心を煽らないようにしたりと、ギャンブル依存症への配慮がありますが、オンラインカジノの場合は、あくまでも自己責任と言わんばかりに、射幸心をこれでもかと煽る派手な演出が目につきます。

実際、演出だけでなく日本の公営ギャンブルよりも遥かに高いギャンブル性がオンラインカジノの特徴であり、一度でも一獲千金の魅力を知ってしまうと、その刺激を何度も味わいたいと感じてしまいます。
これはオンラインカジノの集客戦略が上手くいっている証でもありますが、ギャンブル依存症の観点から見ると、あまり好ましいものではないのも確かです。

自己規制機能でギャンブル依存症対策

自己規制機能でギャンブル依存症対策
「ギャンブル依存症が怖いならオンラインカジノを利用しないのが一番」という意見も聞こえて来そうですが、あらゆる行動にはリスクが付きもので、娯楽にまでゼロリスクを求めると人生は極めてつまらないものになってしまいます。

ギャンブルに限らず自転車、バイク、テレビゲームなどあらゆる趣味には事故や依存症などのリスクは付きものなのです。
なのでギャンブル依存症のリスクを最小限にしながら、オンラインカジノで遊ぶ方法を探したほうが建設的なのです。
ギャンブル依存症を防止するには、没頭し過ぎないことが重要であり、節度を持って遊ぶためにもログインする時間を自己管理することが重要となります。

もしこれを自分で管理できそうにないと思うなら、オンラインカジノで設定できる自己規制機能を利用しましょう。
自己規制機能は、ログイン時間や最大ベット額などを設定することができ、ギャンブル依存症を予防する手助けとなります。

ベラジョンカジノなどの大手オンラインカジノでは、このような機能を提供しているので、
もし自己管理に自信がなければ積極的に利用して、ギャンブル依存症を予防に役立てましょう。

まとめ

ギャンブル依存症になりやすいオンラインカジノでの対策方法を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
年中無休で24時間いつでもどこでも遊べてしまうオンラインカジノは、ギャンブル依存症に陥りやすい傾向があります。
また射幸心を煽る高いギャンブル性や、現金を使わないオンライン決済による入金もギャンブル依存症を加速させる要因となっています。

ギャンブル依存症にならないためには、ギャンブルに没頭し過ぎない自己管理が重要です。
しかしこれが難しいようなら、オンラインカジノが用意している自己規制機能を利用してログイン時間を管理し、オンラインカジノから距離を置く時間を作ることが大切です。

オンラインカジノで真剣勝負のギャンブルに挑む

オンラインカジノはその誕生からすでに20年以上が経過し、世界的には広く認知されてきています。
しかし日本ではまだまだオンラインカジノに対する認識は低いといえるでしょう。
それでも近年、有名オンラインカジノが次々と日本語対応に乗り出し日本人を明確にターゲットにした新規オンラインカジノも増えてきています。

日本でオンラインカジノを始めるならまさに今がチャンスともいえる状況です。
ここではオンラインカジノに興味を持った人のために、日本に在住したままオンラインカジノを遊ぶ具体的な方法といくつかの注意点についてまとめていきます。

正式なライセンスを得た企業が運営しているため安全性は高い

正式なライセンスを得た企業が運営しているため安全性は高い

オンラインカジノは実在のカジノと同様に、法律で賭博を許可している国からライセンスを得た企業が運営しています。
有名なカジノ合法国家のうちオンラインカジノに積極的にライセンスを発行しているのはイギリスやイギリス連邦参加各国、それにマルタやキュラソーといった国々です。

逆にアメリカはリアルカジノでは有名ですがオンラインカジノにはあまり積極的ではありません。
こうした経緯からオンラインカジノはヨーロッパ圏を中心に発展しており、最近になってアジア圏に広まってきたという状況になっています。

日本への進出が本格化してきたのもその流れに乗ってのことなので、今は世界中のオンラインカジノの目が日本へ注がれていると考えてもいいでしょう。

日本にはオンラインカジノに関する法律がない

もう一つ重要なポイントとして、実は日本ではオンラインカジノで遊ぶことが法律違反にならないという事実があります。
厳密には現行の賭博法がインターネット上のギャンブルを想定していないため取り締まりようがないということです。

これまで何度か警察が法律を拡大解釈してオンラインカジノのプレイヤーを取り締まろうとしたことはあったのですが、結局は不起訴処分となっています。

こうした経緯によって現在では、少なくとも個人が自室内でおとなしくオンラインカジノをプレイしている状態を法的に見咎められる可能性は限りなく低くなっています。

あくまでグレーゾーン扱いであるためオンラインカジノで遊んでいることをあまり大っぴらにしない節度は求められますが、過剰に怯える必要はないといっていいでしょう。

ただし例外として、稀にネットカフェの形態を取って集めた客に特定のオンラインカジノをプレイする場を与える悪徳業者が存在します。
日本では未認可の「賭場」に参加してしまうと一発アウトなので、個人の端末以外でオンラインカジノにアクセスするのは控えましょう。

決済サービスへの本人確認が必要になる

決済サービスへの本人確認が必要になる

実際にオンラインカジノをプレイするには、まずカジノにアカウント登録する必要があります。
登録自体は海外のメンバーズサイトを使ったことのある人であれば戸惑うことなく進められるはずです。
入力する情報も住所氏名とメールアドレス程度なので、ローマ字での入力箇所に引っ掛からなければ数分で終わります。

しかしアカウントを開設しただけではオンラインカジノで遊ぶことはできません。
現金を使ったギャンブルをするには入金と出金に関する設定も済ませる必要があるからです。

しかし日本国内からだと出入金の手段はかなり限定されます。
クレジットカードでの直接入金に対応しているオンラインカジノもありますが、使えるカードが少ないのに加えて出金の際にはまた別の方法を用意する必要があります。

そのため最初から出入金の両方に対応できる電子決済サービスに登録しておくのがおすすめです。
電子決済サービスは複数のメジャーなオンラインカジノに対応しているものであれば基本的にどれでも構いませんが、登録に本人確認書類が要求されることがあるので気をつけましょう。

海外の電子決済サービス登録には保険証などは使えず、顔写真のついた身分証と住所の書かれた書類が必要になります。
身分証はパスポートと運転免許証の他にその国のIDカードが利用できます。
日本の場合はマイナンバーカードが相当しますが、海外のサービスにマイナンバーカードの情報を渡す際には特に注意を払いましょう。

日本円ではなくドルやユーロが使われる

日本円ではなくドルやユーロが使われる

海外のオンラインカジノで使用可能なのはドルやユーロなどの外国通貨か仮想通貨になります。
決済サービスやオンラインカジノへの入金時に日本円から指定の通貨への両替ができますが、その際には為替手数料が発生するのを忘れないようにしましょう。

仮想通貨を使うと手数料や出入金の手間を一気に解消することができますが、仮想通貨の価値自体が一種のギャンブルであるためそれを更にオンラインカジノのために用意するのは推奨しません。

しかしオンラインカジノの楽しみ方は人それぞれであり、独自の方法を模索していくこと自体も魅力となっています。
日本からでも簡単にオンラインカジノが遊べるようになってきたことで、これからその遊びの幅は更に広がっていくことでしょう。

エコペイズ登録時に迷いやすい場面を重点的に解説します!

エコペイズ登録時に迷いやすい場面を重点的に解説します!

日本に居ながらにして、世界中のカジノで遊べるシステムが、インターネット上のオンラインカジノです。
オンラインカジノ自体は、カジノが合法化されている国の法律に従って運営されているため安全性は高く、日本国内のギャンブルよりも還元率などの点で優れています。

国内からでも個人利用の範囲でアクセスする上では大きな問題はなく、最近は日本語に対応したオンラインカジノも増えています。
しかし、日本語に対応しているとしても障害が全く無いわけではありません。

その最大のものが、出入金に関する手続きの手間です。
海外でオンラインカジノを利用する場合は、クレジットカードやデビットカードを直接登録するのが基本ですが、日本国内からはカードの利用が制限されていることがほとんどです。

この問題に対処する方法が、「ecoPayz(エコペイズ)」という電子決済サービスへの登録になります。
ここではエコペイズの登録に関して、特に迷いやすいポイントを挙げながら解説していきます。

エコペイズで出入金をするには2ステップの登録が必要

エコペイズの口座は、アカウントを開設すると同時に利用可能になり、この段階からエコペイズ口座への入金とオンラインカジノへの送金ができるようになります。
ただしこの段階では日本の銀行口座への送金ができないため、オンラインカジノで得た勝利金を現金化することが不可能となってしまいます。

エコペイズでの出入金をするためには、会員のランクを1段階上げて出金が許可されるだけの信頼を得る必要があります。
会員ランクを上げる方法は身分証明書の提出で、先に作っておいたアカウント情報と本名や住所を照合することで、会員ランクのアップグレードが承認されるという仕組みになっています。

そのため、エコペイズに登録する際にはまず、最初に身分証明書や住所確認の書類を用意しておき、その内容と矛盾しないようにアカウント情報を作成することが大切です。

アカウント登録はローマ字に注意

アカウント登録はローマ字に注意

エコペイズの公式サイトは完全に日本語化されているため、操作自体に迷うポイントはほとんどありません。
もし日本語で表示されていない場合は、上のメニューバーの言語選択から日本語を選びましょう。

しかし他の海外サービスと同様に、個人情報の登録は日本語とローマ字をセットで入力する必要があります。
海外慣れしている人であれば問題ありませんが、初めてだとかなり戸惑うので注意しましょう。

特に気をつけたいのは、番地や丁目を入力するための「通り」欄の入力順が、日本語とローマ字とでは逆になっている点です。

また「ビル名」を無記入にしたい場合は、代わりに半角ハイフン「-」を入力しないとエラーになります。
ローマ字での住所記載に自信がないのであれば、日本語の住所表記を自動的にローマ字に変換してくれるサイトがあるので利用してみてもいいでしょう。
電話番号については、日本語だと最初から記載されている「+81」が日本の国番号を意味しています。

実際に、登録する電話番号については、携帯電話番号の最初の「0」を抜いて入力します。
これは「080」で始まる携帯番号であれば「80」から入力するということです。

最後に資金源を入力する項目がありますが、これは詳しく調査されるわけではないので預金や給与と書いておけば大丈夫でしょう。

本人確認の登録には写真のアップロードを使う

無事にアカウントの開設が終わったら、次は会員ランクのアップグレード手続きに進みましょう。
まず、メールアドレスとセキュリティについての設定を済ませてから「身元の確認」項目を選びます。

アップグレードに利用可能な本人確認書類は顔写真付きのパスポートか運転免許証、あるいは国民IDカードと表記されているマイナンバーカードです。
それとは別に、住所が記載されている書類も合わせて提出することになります。
住所確認に利用可能なのは、水道光熱費の領収書、銀行口座の取引明細書、住居証明書のいずれかです。

どちらも撮影した写真をアップロードする形で提出することになりますが、写真撮影は資料の文字が全て鮮明に確認できるようピンボケや被写体のフレームからのはみ出しを避けて慎重に行いましょう。

最後に現在の自分の顔写真も撮影して送る必要がありますが、これは本人確認書類の写真と照合することが目的なので髪型や眼鏡の有無など、あまり変化がない状態のものを撮影した方がいいでしょう。

以上3点の写真をアップロードするとエコペイズ側の審査が始まり、長くても2日ほどで結果が判定されます。
会員ランクのアップグレードが無事に済めば、あとはエコペイズを介した出入金によってオンラインカジノを自由に遊ぶことができるようになります。

エコペイズの登録には下準備をしてから進む

エコペイズの登録には下準備をしてから進む

このように、エコペイズの登録方法そのものは、基本的に海外の有料会員サイトの大多数と違いはありません。

しかし本人確認や住所確認の書類を手元に用意していない場合、入金してオンラインカジノでゲームを始めてしまった後になってから出金のためのアップグレードができないという事態に陥る可能性があります。

万全の状態でオンラインカジノを楽しむためにも、エコペイズの登録に関する情報や必要な書類については十分に下調べをしてから登録手続きを始めるようにしましょう。

カジノシークレットは登録と退会手順が簡単

カジノシークレットは登録と退会手順が簡単

日本でも人気のオンラインカジノの1つであるカジノシークレットですが、海外に比べると利用者は少ないです。
オンラインカジノを利用していない人の中には、オンラインカジノに興味はあるものの、始め方がわからない、退会できるかどうかがわからないので不安という人もいることでしょう。
これは日本がカジノに慣れ親しんでいない国であることも関係しています。

そこで今回は、カジノシークレットの利用方法や退会方法について紹介していきます。

カジノシークレットでオンラインカジノを始めよう

オンラインカジノで遊ぶためには、サイトなどに登録し、遊ぶためのお金を入金しなければいけません。
それはカジノシークレットでも変わりありません。

ですが始めるための流れは非常に簡単で3ステップでカジノシークレットでのゲームを楽しむことができます。
そのステップは以下のようになります。

STEP1:カジノシークレットに登録する
STEP2:遊ぶためのお金を入金する
STEP3:パソコンやスマホから好きなゲームを楽しむ

そのため特別な書類などの準備物はほとんどなく、ネット環境とパソコンやスマホなどのネットにつなぐことができるデバイスさえあれば始めることができるのです。

カジノシークレットにスマホから登録してみよう

カジノシークレットにスマホから登録してみよう

前述したようにカジノシークレットで遊ぶためには、まず最初にカジノシークレットにアカウントを登録しなければいけません。
カジノシークレットのアカウント登録はパソコンとスマホから行うことができます。

そこでここからはカジノシークレットのそれぞれの方法での登録手順を紹介していきます。

スマホの場合
①カジノシークレットの公式ホームページを開きます。

②画面上部にある「ここから登録」をクリックします。

③新規登録ページが開くのでメールアドレス、パスワード、電話番号を入力します。
パスワードは8文字以上20文字未満で、1つ以上数字を含めたものを入力する必要があります。
また電話番号は最初の0を抜いた形で半角で入力します。

そのため09012345678だったとしたら、9012345678と入力することになります。
これらの情報が入力できたら「次へ進む」をクリックします。

④別の入力画面が開くので、名前、苗字、国、通貨、郵便番号、都道府県、市区町村、それ以降の住所、生年月日、性別を入力します。

それらの入力が完了したら、入力欄の下にある「利用規約に同意します」にチェックを入れてください。
またカジノシークレットからのキャンペーンメールを受け取りたい場合は「フリーベットやキャンペーンに関する情報の受け取りを希望します」にもチェックを入れてください。
それらの入力が完了したら「アカウントを登録」をクリックします。

⑤ホームページ上でアカウント登録の手続きが完了すると、記載したメールアドレスにアカウントの有効化メールが届きます。
そのメールにはリンクが記載されているのでそれを開くけばアカウント登録が完了します。

ホームページ上で手続きが完了していても有効化メールを開かないとアカウント登録は完了しないので注意しましょう。

パソコンからの場合
パソコンから登録する場合は、カジノシークレットの公式ホームページを開き、画面上部にある「ここから登録」もしくはバナーにある「今すぐ登録!」をクリックします。

すると新規登録ページが開くので、あとはスマホの時と同様に必要な情報を入力し、アカウント有効化メールのリンクをクリックすれば登録はすべて完了します。

入力する情報にはどちらの方法でも違いはないので、自分の使いやすい方法でアカウント登録を行ってください。

カジノシークレットは退会することができるの?

カジノシークレットは退会することができるの?

カジノシークレットに登録したいけれども、自分に合わなかったときに退会できるのかが不安という人もいることでしょう。
カジノシークレットを利用した人の中には、登録して何回かは遊んだものの、自分に合わなかったのでアカウントを放置しているという人もいるかもしれません。

ですが実はカジノシークレットは長期間アカウントを放置してしまうと、管理手数料が毎月アカウントから差し引かれてしまいます。
そのため利用していなくても入金したお金が減ってしまうことがあります。

実際に利用規約にも「アカウントで、少なくとも12か月間活動がなかった場合、そのアカウントは「休眠アカウント」とみなされ、最大5ユーロの手数料が毎月アカウントから引き落とされます。」と記載されています。
そこでここからはカジノシークレットでの2つの退会方法を紹介していきます。

プロフィール画面からアカウントを停止する
カジノシークレットでは正式には退会ではなく、アカウントの停止や凍結といった方法をとっています。
そのための方法の1つ目は、公式サイトにログインして自分でアカウントの利用停止を行うものです。

公式サイトにログインして「責任あるギャンブル」→「ご自身の判断による利用停止」の順にクリックします。
すると利用停止する機関を選ぶことができるのでその中から「無限」をクリックします。
するとその時点で無期限のアカウントの利用停止状態にすることができます。

サポートセンターにアカウントを停止したい旨を伝える
2つ目の方法はチャットやメールでサポートセンターに連絡し、アカウントを停止したい旨を伝えるものです。
その際にはアカウントの停止を行う理由も伝える必要があります。

これらを伝えればアカウント停止の措置を取ってくれるため、自分で手続きを進める必要はありません。

まとめ

オンラインカジノは日本でも広まりつつありますが、まだ利用したことがないという人も多いです。
まだ一般的なものであるとは言えないので、登録方法や退会方法などがわからないという人も多いです。

ですがカジノシークレットのアカウント登録や退会は簡単な手順で行うことができます。
そのため難しい準備などは必要なく始めたり辞めたりすることができます。

そんなカジノシークレットでぜひオンラインカジノの世界を楽しんでみてください。

ブラックジャックのディーラー側のルールを学ぶ

単純かつ奥深いブラックジャック!

「カジノの王様」…と言われているのはバカラですが、その次に有名なゲームが「ブラックジャック」です。
ルールが単純かつ戦略性が高いため、むしろオンラインカジノではバカラよりも人気があります。

カードゲームとしてのブラックジャックはプレイヤー同士で勝負するゲームですが、カジノの場合はプレイヤーとディーラーが勝負をします。

ルール概要

ルール概要

とにかくカードの合計数値「21」を超えない範囲で高い数字を目指すテーブルゲームです。
カードの合計数値が「22」以上になってしまうと、その時点で負けとなります。
カジノに馴染みのない日本人でも、恐らく知らない人は居ないでしょう。

プレイヤーとディーラとで勝負し勝つと賭けた金額の倍が戻ってきます
そして勿論最強ハンドは、10以上のカード+A(エース)の組み合わせの「ブラックジャック」。
これで勝利すると賭けた金額は2.5倍になって返ってきます!

この「ブラックジャック」が、カジノゲームとしての「ブラックジャック」の醍醐味でしょう。

ゲームの流れ

最初にディーラー側に2枚、プレイヤー側に2枚のカードが配られます。
ディーラー側のカードは1枚は見れますが、1枚は伏せられたままです。
プレイヤーは自分の2枚のカードとディーラーの1枚の開かれたカードを見ながら、カードを引くか否かを決定します。

最初のカードを引くときに限り賭け金額を倍にする「ダブルダウン」が可能です。
また、最初の手札で「8」「8」、「3」「3」など同じ数字のカードがきた場合はカードを2つに分ける「スプリット」が可能となります。

どちらもリスクが増えるため、選ぶ場合は慎重に決定しましょう。

インシュランス

ディーラーが最初に開かれたカードが「A」だった場合、インシュランスをするかどうか聞かれます。
インシュランスをするには、賭け金額の半額が必要です。

もしディーラーの伏せたカードが10以上だった場合「ブラックジャック」となり、通常ならプレイヤー側も「ブラックジャック」でない限り賭け金額は返ってきません。
しかし、インシュランスをしていた時にディーラーが「ブラックジャック」だった場合、同じ額が返ってきます。

例えば10ドル賭けた状態でインシュランス時に半額の5ドルを支払い、ディーラーが「ブラックジャック」だったケースでは配当金は15ドルです。
通常では10ドル分の損失を±0に持っていける、ということになります。

インシュランスとは和訳すると「保険」という意味で、文字通り保険を掛けることが出来るということですね。

ブラックジャックで欠かせない用語

ブラックジャックで欠かせない用語

ヒット
カードを一枚引くこと。
数字が「21」を超えるまで何回でも可能。

ダブルダウン
賭け金額を倍にしてカードを一枚引くこと。
それ以降はカードを引けない。

スタンド
カードをこれ以上引かないこと。

スプリット
同じ数字のカードがきた場合、2つのカードに分割して勝負が出来る。

バースト
手札が「22」以上になってしまうこと。
プレイヤー側の場合は必ず負けになる。

プッシュ
引き分け。
プレイヤーとディーラーが同じ数字だった場合、賭け金額がそのまま返ってくる。

インシュランス
ディーラーの最初の手札が「A」だった場合、賭け金額の半額を賭けて「ブラックジャック」だった場合に引き分けにすることが出来る

サレンダー
ゲームを棄権し、賭け金額の半額が戻ってくる。

サイドベット
ブラックジャックの勝敗とは関係ない部分で賭けが出来ます。
勝率は低いですが、配当金は高額です。

パーフェクト・ペア
プレイヤーが最初に配られたカードの数字が2枚とも同じ場合に配当金が発生します。
数字が一致するだけでも配当金がありますが、スート(ハートやスペードなどの図柄)も同じ場合は、より多くの配当金が得られます。

21+3
プレイヤーが最初に配られた2枚のカードとディーラーがオープンにした1枚のカードを使って、スリーカードポーカーをします。
一番高い役は数字とスートが全く同じの「スーテッドトリップス」で、なんと配当金は100倍です。
他、「ストレート」や「フラッシュ」などの役も勿論あります。

ベットビハインド
自分以外のプレイヤーに賭けることが出来ます。
プレイ自体は完全にそのプレイヤーの判断です。
オンラインカジノではライブカジノなどで席が埋まっている場合に可能なテーブルがあります。

ディーラー側のルール

ディーラー側のルール

ブラックジャックには、ディーラー側にもルールがあります。
ディーラーは、カードの合計値が「17以上」になるまでヒットし続けなければいけません。

逆にカードの合計値が「17以上」になった時点でスタンドしなければなりません。
このルールはプレイヤー側に有利です。

例えば極端な話、プレイヤーがカードの合計値「10」でスタンドしたとします。
プレイヤーならカードの合計値「12」までならバーストする心配がなく引くことが出来ますが、ディーラー側は必ず「17以上」になるまでカードを引き続けます。
そのため、バーストさえしなければ合計値がいくら低くとも勝つ可能性は必ずあります。

ディーラーのルールを把握すれば、自然と勝率も上がるでしょう。

最速・最新・最安手数料が売りのペイトラを紹介

最速・最新・最安手数料が売りのペイトラを紹介

オンラインカジノは、私たち日本人も気軽に遊ぶことができ、比較的勝ちやすいギャンブルの一つとして有名です。
ペイアウト率は95%という圧倒的な高さを誇り、24時間365日いつでも遊べます。
現実世界では、例えば深夜麻雀がしたくなっても、場所もなければメンバーもそろわず一人ではできません。

そんな時、オンラインカジノに魅力を感じ、はじめてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

今、世間ではカジノを日本国内に誘致することの是非で騒がれていますが、日本人のオンライカジノの利用者は年々増えています。
しかし、オンラインカジノを始めたばかりの人が最初にあたる壁の一つに、オンラインカジノの「入金・出金」のややこしさがあります。

オンラインカジノは海外のギャンブル

もちろん、日本国内でカジノは禁じられています。
そのため、オンラインカジノはあくまでも海外のギャンブルであり、ここで遊ぶためには、海外のオンラインカジノの口座にお金を入金し、そこから出金する、という工程をつまなければなりません。
そして、日本国内の銀行口座から海外の口座に入金するためには、「海外送金」をしなければならないのです。

海外送金の手続きはかなり手間がかかり、しかも送金完了までかなりの時間がかかります。
何より手数料が非常に高くつくのです。
このような煩わしさから、せっかく始めようとしたにもかかわらず足が遠ざかっていってしまう人がいるのです。

入金方法は実はたくさんある

入金方法は実はたくさんある
しかし、安心してください。オンラインカジノへ入金する方法は、銀行口座から振り込む海外送金だけではありません。
最近のオンラインカジノでは、「電子決済サービス」というオンライン上に口座を開設し、ネット上でお金のやり取りをする方法が一般的になってきています。

電子決済サービスの魅力は、大きく2つ。
先ほど説明した海外送金が抱えるデメリットを完全に克服したものになります。

1 手数料
もちろん利用するサービスによって多少の金額は異なりますが、圧倒的に海外送金よりも安い金額で、アカウント作成も無料で行うことができます。
また、スマホ一つあれば、どこでもお金の管理ができることも魅了的です。

2 送金のスピード
こちらもサービスによるところもありますが、即日対応してくれるところも多くあります。

おすすめの電子決済サービスPaytra

オンラインカジノの世界で、比較的よく使われている電子決済サービスとして、「アイウォレット」「エコペイズ」などが挙げられますが、今回ご紹介するのは、「Paytra(ペイトラ)」という、2019年に登場した比較的新しい電子決済サービスについてです。

もちろん従来の電子決済サービス同様、オンライン上でオンラインカジノへの入金や、そこからの出金を扱えるサービスなのですが、もっと評価できるメリットは「手数料の安さ」です。
ちなみに、送金のスピードも申し分なく最短15分程度で反映されます。

冒頭の説明で手数料に関して、海外送金は非常に高い事、電子決済サービスだとそれが圧倒的に安くなる事をお話しました。
しかし、残念ながら「手数料が無料」にはなりませんでした。

安いとはいったものの、それはあくまでも海外送金と比較した場合の話であり、場合によっては「自分のお金を出し入れするだけで、数千円がかかる。」なんてことも普通に起こり得るのです。

そこで、今回ご紹介する「Paytra(ペイトラ)」は、この「手数料問題」を見事に解決してくれたのです。
ペイトラの場合、ペイトラの口座への振込手数料以外全ての手数料が「無料」なのです。

新規登録料も、為替手数料も、送金手数料も、ペイトラから口座への振込手数料も、退会手数料も、休眠口座管理手数料も、全て無料なのです。
すごくないですか?

しかし、「ほぼすべての手数料が無料だとなると、唯一優良な有料のペイトラ口座への振込手数料がかなり高いのではないか?」と思われるかもしれませんが、安心してください。
振込手数料は決して高くありません。理由は、ペイトラ口座への振込は「国内銀行振込」で行うことができるからです。

Paytraは日本国内に代理業者がいる

ペイトラは、海外企業が運営する会社ですが、日本国内に代理業者を設置しています。
そのため、私たちがペイトラの口座へ入金する場合、その代理業者が保有する日本国内の口座宛に入金することになるのでたとえ大きな金額を入金したとしても、振込手数料はほとんどかからないのです。

しかも、国内口座のメリットがもう一つ。
入金額が口座に反映されるまでの時間が圧倒的に早いということ。
銀行の営業日かつ営業時間内であれば、数十分もあればすぐに反映されます。

さらに、ペイトラ口座からオンラインカジノの口座への入金は15分程度で完了します。
ペイトラの口座があれば、とてもスムーズ、スピーディにオンラインカジノで遊ぶことができます。

Paytraは日本国内に代理業者がいる

使用できるオンラインカジノは3つだけ

これだけ魅力的なペイトラですが、まだサービスを開始してから間もないこともあり、使えるサイトが限られています。
3サイトだけです。

・ジパングカジノ
・777babyカジノ
・カジノジャンボリー

の3つだけで、これらすべてジパングカジノグループが運営しているオンラインカジノになります。

今のところ、ペイトラが使えるオンラインカジノはジパンググループの3サイトに限定されます。
この3サイトはいずれも、24時間日本語でのサポート体制が整っており、初心者の方にも優しく遊びやすいサイトになっています。

今後、増えていくことも期待できますのでカジノビギナーの方は、ペイトラの口座を作り、ジパンググループのカジノで遊ぶところからスタートさせてみてはいかがでしょうか。

老舗故の格式高い対応が人気のカジノ

老舗故の格式高い対応が人気のカジノ

オンラインカジノは世界中に多数存在しています。
それだけに、今からオンラインカジノを始めるユーザーはもちろんですが、たまには自分のお気に入り以外のオンラインカジノを楽しんでみたいと考えているユーザーも多いのではないでしょうか。

何せオンラインカジノは多数あります。
そして、それぞれが異なる特徴を持っているからこそ、「どのオンラインカジノにしようかな」と迷うのもよく分かりますし、その迷いもいわばオンラインカジノの楽しさの一部なのではないでしょうか。

その中でも、「迷ったらここにしておけば間違いない」とされている、クオリティの高いオンラインカジノがいくつかあります。
その一つがジャックポットシティカジノです。

何もかも申し分ないオンラインカジノ

ジャックポットシティカジノは、いわば「何もかもがクオリティ高く申し分ない」オンラインカジノです。
オンラインカジノはネット環境の発達によって、今でこそ先にもお伝えしたように様々な選択肢がある国際的娯楽と呼ぶに相応しいコンテンツです。

注目度も高いからこそ、近年様々な業者がオンラインカジノに登場していますので、だからこそ選択肢も増えているのですが、ジャックポットシティカジノに関してはオンラインカジノが注目される前、1998年に登場しています。

1998年と言えば、まだまだスマートフォンやタブレットも登場していません。
それどころか、国内に関して言えば「インターネット」という言葉を理解していた人も少ない時代です。

ガラケーと呼ばれる携帯電話さえまだまだ馴染みのない時代だったことを考えると、ジャックポットシティカジノの登場は、「オンラインカジノの人気に乗っかって登場したオンラインカジノ」ではなく、むしろ「オンラインカジノの人気を生みだした」「オンラインカジノ業界を支えてきた」オンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。

とは言え、ジャックポットシティカジノの素晴らしい点はそのような歴史に頼っているだけではなく、時代に応じてユーザーをしっかりと満足させている点にあります。

日本語サポートももちろんあります

日本語サポートももちろんあります

ジャックポットシティカジノでは日本語サポートをメール、チャットだけではなく、電話まで用意してくれています。
そして、ただ単にサポートを用意しているだけではなく、日本人気質に合わせるかのように、きめ細やかなサポートを行ってくれることでも知られています。

日本のサービスは「おもてなし」と呼ばれ、世界的にもクオリティの高さが目立ちます。
日本人にとっては当たり前でも、世界的に見ると「凄い」になります。

そのため、オンラインカジノのような海外のサービスのサポートを受けて「物足りない」「もっと丁寧に」と思う日本人ユーザーは実は珍しくないともささやかれていますが、ジャックポットシティカジノは日本人でも納得のサポートを行ってくれているので、何があっても安心できることでしょう。

ジャックポットシティカジノのライセンス

ジャックポットシティカジノはオンラインカジノを牽引してきたメーカーと言っても過言ではありません。
それだけに、ライセンスも当然のように取得しています
ライセンスの取得が厳しいとされているマルタ共和国、そしてカナワケから受けていますし、eCOGRAからも監査を受けています。

これらの「信頼できる材料」を見るに、「老舗だから」だけではなく、信頼できる理由が多々あることが分かるのではないでしょうか。

初心者から上級者までオススメできる理由

初心者から上級者までオススメできる理由

ジャックポットシティカジノは初心者から上級者まで、幅広いオンラインカジノユーザーにおすすめできるオンラインカジノです。
その理由として、初心者に対してはウェルカムボーナスが初回から4回目まで、最大で1600ドルも用意されている点です。
これからオンラインカジノをと考えているユーザーにとって、ウェルカムボーナスの存在はとてつもなく大きなものなのではないでしょうか。

一方で、上級者向けとされている理由に出金上限額がない点が挙げられます。
つまり、どれだけ大きな勝利を得たとしても一括での出金が可能です。

出金額に制限があるオンラインカジノの場合、何度かに分割して出勤しなければなりません。
しかしジャックポットシティカジノであれば、そのような煩わしさもなく一度に出金できますので、ハイローラーであればあるほど、ジャックポットシティカジノのシステムがメリットだと感じることでしょう。

まとめ

ジャックポットシティカジノはオンラインカジノ業界そのものを牽引してきた存在と言っても過言ではありません。
それだけに、ユーザー心理をよく理解し、応えてくれています。

もちろん歴史に胡坐をかくだけではなく、時代のニーズにも敏感に反応し、様々なサービスを用意してくれています。
どのオンラインカジノを楽しもうか迷っているユーザーや、クオリティの高いオンラインカジノを探しているユーザーにおすすめできるオンラインカジノです。

カジノの広報活動に制限がかかる理由

オンラインカジノはネット配信で問題が起きている

オンラインカジノはネット配信で問題が起きている

オンラインカジノはネットの動画配信サービスを経由するなどして宣伝したいと考えています。
しかし、ネットで気軽に宣伝できる問題が社会的に指摘されており、ギャンブル依存症を促進させてしまうと考えられています。

問題が更に大きくなっていくと、オンラインカジノはネット配信ができなくなり、宣伝が更に厳しいものに変わってしまうでしょう。

オンラインカジノとしては、ネットを上手に利用してしっかり宣伝したいと考えていますが、ネットの配信サービスで問題が起きている以上はかなり厳しい宣伝をしなければいけないと感じています。
今後はこの問題が解決されるかが重要になります。

動画配信サービスで禁止されることもある

動画配信サービスで禁止されることもある

YouTubeを中心に、オンラインカジノの動画配信を禁止しているサイトがあります。
オンラインカジノとしては、ネットをさらに利用して宣伝効率を高めたいと思っていますが、YouTubeを中心に利用できないサイトが多数生まれている問題はどうにもなりません。

何とかして宣伝をしたいと考えても、動画配信によって宣伝はできないため、静止画によるアフィリエイト宣伝をしなければどうにもならないのが現状です。

ネットの動画配信サービスは、多くの年齢層が利用しています。
特にYouTubeは年齢層が低い傾向にあり、子供が利用している傾向も多数あります。

子供に対してギャンブルを宣伝させるのは問題となりますので、YouTubeはオンラインカジノの動画配信を停止しています。
仮に動画配信で提供しているユーザーについては、動画の削除に動くことはもちろんのこと、動画を配信しているアカウントも凍結して、利用できない状態にしているのです。

オンラインカジノ側は、ユーザーがしっかりとサービスを利用してくれて、更に宣伝までしっかり実施してくれる動画配信サービスは活用したいと考えています。
しかし活用したいと考えても、動画配信サービス側が禁止している以上は使えないのです。

どうにかして利用したいと考えても、動画配信サービスは監視を強化しているため、なかなか動画配信できない状況が続いています。
問題が起きてしまうと不利益を与えられる可能性も高いため、問題は起こさないようにしましょう。

オンラインカジノの宣伝は静止画でしか実施できない問題も

一部のオンラインカジノはYouTubeで動画を配信していますが、オンラインカジノの宣伝というよりバラエティ番組に近い形式を採用しており、動画のジャンルをオンラインカジノの宣伝にしないよう心がけています。

普通のユーザーはこうした問題点に気づかずオンラインカジノのプレイ動画をそのままアップロードする問題が起きてしまいますが、アップロードするとすぐに削除されてしまいアカウントが消去される可能性も高くなります。

オンラインカジノとしては、宣伝に問題が起きていると最終的にユーザーが集まらないと考えています。
そこでネットによる宣伝は静止画を採用する傾向にあります。
静止画を採用しておけば、動画配信サービス以外でも宣伝できるほか、ネット上で気軽に設置できるメリットがあります。

更に協力してくれるユーザーに対して報酬を支払えば、ユーザーはどんどんバナーを貼り付けてくれるのです。
こうした状態を作って、より宣伝効率を高めようとしています。

ユーザー側が協力してくれないことにはオンラインカジノの宣伝はできません。
そしてオンラインカジノの宣伝を増やすためにもユーザーの協力は欠かせない状態です。

オンラインカジノは単独で宣伝してもあまりいい状態が作られません。
より多くの宣伝を実施するためにはユーザーの協力が何よりも大事な状態であり、どんどん協力してくれるような状況を作ってくれなければなりません。
それができないとかなり厳しい状況に陥ります。

宣伝ができないと厳しい状況に陥ってしまう

宣伝ができないと厳しい状況に陥ってしまう

オンラインカジノの多くは利益を追求し、経営状況を安定させなければ消えてしまいます。
経営状況を安定させられない状況を作ってしまうのは良くないため、ユーザーに対して宣伝し続ける状況を作り続けないと駄目なのです。
しかし、オンラインカジノの宣伝は一部サイトではできないほか、動画による宣伝がほとんどできない状況に陥っている以上、なかなか難しい現状も抱えています。

何よりも問題とされているのは、未成年に対してオンラインカジノの宣伝が簡単に実施されてしまう問題です。
未成年のユーザーが簡単に動画を見てオンラインカジノを始めようと考えてしまうと、様々な問題が起きてしまいます。

オンラインカジノは未成年のユーザーでは遊べないように設定していますが、オンラインカジノというものを知ってしまうだけでも悪影響は避けられません。
動画配信サービスはそうした問題を危惧しており、安心して楽しめる環境を整備しているのです。

オンラインカジノは宣伝をしっかりと進めたいと考えているものの、現状は動画配信サービスなどでできない問題が社会的にも厳しい問題として扱われているのです。

楽しむ為の確認事項と必需品

オンラインカジノを始める際の必須アイテムとは

オンラインカジノを始める際の必須アイテムとは

オンラインカジノは、手軽にできるギャンブルの一つです。
いつでも始めることが出来て、スマホやパソコンからプレイが可能となっています。

しかし、十二分に楽しむためには入金をする必要があるギャンブルですので、それなりに用意をする必要がありますし、その他にも登録などの準備が必要となってきます。
そこで、オンラインカジノを始める際に必要なものについて具体的にみていきましょう。

オンラインカジノと年齢制限

オンラインカジノには年齢制限があることをご存知でしょうか。
誰でも始めることが出来るというのではなく、ランドカジノと同様に年齢制限が決められています。

ほとんどんカジノでは、18歳未満は登録をすることが出来ません。
オンラインカジノによっては、20歳以下は登録ができないとこともありますので、最初に規約をしっかりと確認するようにしましょう。

オンラインカジノで年齢制限を無視してごまかしてしまうと、後ほど払い戻しの際に身分証明が必要となり、払い戻しをすることが出来ないので、注意が必要となります。

オンラインカジノとクレジットカードについて

オンラインカジノでは必ずクレジットカードが必要になります。
電子決済サービスを利用したとしても、クレジットカードが必要になりますので、必ずカードも複数枚は用意しておきましょう。

なぜ1枚ではいけないのかと言うと、オンラインカジノはギャンブルということもあり、カード会社の規制によって利用ができないケースがあるからです。
ですので、はねられてしまった場合には、別のカードを用意しておく必要があります。

VISAやJCBやマスターカードの対応をしているオンラインカジノは増えてきていますので、それらのカードを複数枚は用意しておくことが望ましいでしょう。

オンラインカジノと軍資金について

オンラインカジノはプレイヤーがプレイをする際に入金をする金額というのを決めることが出来ます。
したがって、この程度の金額が必要というのはプレイヤーが決めることが出来ます。
しかし、多くの金額があったほうが入金ボーナスを受け取ることが出来ますし、あらゆる攻略法も使いやすいので余裕を持った資金を用意しておきましょう。

特にマーチンゲール法などを使うときには、最初に資金が豊富に必要になります。
目安としては5万円程度あれば問題ありませんが、10万円程度あればさらに問題なく遊べます。

少額の勝ちの場合には手数料で埋もれてしまうこともありますし、自分の範囲で用意をして楽しく遊べる程度、準備を整えておきましょう。

オンラインカジノと身分証明書について

オンラインカジノと身分証明書について

オンラインカジノには身分証明書が必要となります。
これは出金の際に求められますので、事前に用意をしておきましょう。
顔写真が付いているので、パスポートや免許証が通りやすいので、おすすめです。

ただし、パスポートの場合には、住所の確認が必要な場合もありますので、その場合は公共料金の明細書が必要となります。
身分証明書については、求められたものを提出すればいいのですが、最初に登録した情報と食い違いがあれば、払い戻しが受けられないこともありますので、注意が必要となります。

スキャナーについて

オンラインカジノへ身分証明書を提出する際には、スキャナーが必要となります。
スキャナーについては高額なものは必要がなく、最低限のもので良いので用意をしておきましょう。
1万円程度のものがあれば、十分です。

FAXかもしくはメールで提出が求められますので、FAXが用意できないのであれば、スキャナーがおすすめとなっています。

収入証明とIDセルフィーについて

オンラインカジノでは収入証明とIDセルフィーが必要になるケースがあります。
これはなぜかというと、主にヨーロッパ系のライセンスの場合監査が厳しく、信頼性を重視しているため、オンラインカジノ側へこれらの収入証明を求めるケースが多いのです。

必ずしも必要というわけではないのですが、突如求められると慌ててしまうこともありますので、必要かもしれないということを頭に入れておきましょう。
もしも求められた場合には、詳細をオンラインカジノ側に聞いてみることがおすすめです。

インターネットバンキング口座

インターネットバンキング口座

オンラインカジノを始める際には、インターネットバンキング口座が必要となります。
インターネットバンキング口座についてですが、大手の銀行の口座があれば、入出金の状況がすぐに分かるので便利です。

出来れば大手銀行のオンラインバンキングが望ましいです。
これはなぜかというと、外貨でそのまま預金することが出来ますので、オンラインカジノと非常に相性が良いからです。
既にオンラインバンキング口座を持っている場合には、外貨で預金が出来るかどうかもチェックしておくことがおすすめです。

常に検証されるペイアウト率

『オンラインカジノって本当に勝てるの?』と疑問に思う人がよくいます。
やはりオンラインによるものですから、いくらでも恣意的なコントロールがされてしまいそう、というイメージがあるためです。

そこで、今回はオンラインカジノが勝てるのかどうか、主にその指標としてのペイアウト率について解説していきます。

第三者機関がペイアウト率を監査

第三者機関がペイアウト率を監査

オンラインカジノは、もともと政府のライセンスを受けて運営しています。
しかし、それだけだと設立時の信頼性は担保できても、その後も継続して正当な運営をしているかは定かではありません。

そこで、更なる公平性の証明の為に第三者機関による監査を定期的に受けています。
この監査している第三者機関についても、オンラインカジノのトップページで確認可能です。

その際監査される項目として、ペイアウト率があります。
不当に払い戻しを行っていないようなオンラインカジノは、監査でひっかかって運営を継続することができません。
なので、長く続いているオンラインカジノであればあるほど、信頼性もまた高いといえます。

ペイアウト率は、他のギャンブルに比べても高いのがオンラインカジノです。
胴元の儲け分が低く設定されているために、利用者の多くが勝てるゲームだといえます。

オンラインカジノのペイアウト率は高い

オンラインカジノのペイアウト率は高い

ペイアウト率とは勝ちやすさ

ペイアウト率は、賭け金全体に対して払い戻される割合をいいます。
オンラインカジノのペイアウト率は、90%以上です。
ランドカジノと同等かそれ以上です。

ペイアウト率=勝ちやすさと考えて間違いありません。

ペイアウト率が高い理由

なぜオンラインカジノのペイアウト率がここまで高いのかというと、やはりオンライン上だから、というのが最も的確な理由です。
より具体的にいえば、運営コストが少なくて済むために、その分ペイアウトに回せるということです。

実際のカジノなら、建設費や場所代、光熱費、人件費など、多くのコストがかかります。
オンラインカジノなら、これらの費用を大きく抑えることが可能です。

日本の宝くじと比較

海外におけるオンラインカジノは、日本における宝くじと同じくらいクリーンで合法的なギャンブルです。
では、日本の宝くじにおけるペイアウト率はどれくらいでしょうか。

これは、40~50%です。
オンラインカジノのほぼ半分です。
分かりやすくいえば、1万円払った場合、よくて5000円しか勝てないのが普通だということです。

これだけの損が当たり前だということです。
そしてそれ以上の損をした人たちの負け分を積み重ねて、僅かな人にだけ10000万以上の勝ち金が与えられます。

宝くじによる胴元の収益は、多大なものだといえます。
賭け金の半分を失うペイアウト率に夢を託すよりも、オンラインカジノのほうが遥かに可能性が高いです。

ペイアウト率はゲームにより異なる

ペイアウト率はゲームにより異なる

実は、ペイアウト率はゲームによっても違いがあります。同じサイトだから、同じペイアウト率というわけではありません。

テーブルゲーム・カードゲーム

基本的にペイアウト率が高いです。
なかでもプレイヤーのスキルが大きく関わるようなゲーム(ブラックジャックなど)では、ペイアウト率がほぼ100%となることもあります。

スロットゲーム

オンラインカジノの代表ともいうべきビデオスロットは、一般的なペイアウト率(95%前後)です。
ただし、ジャックポットシステムによって、賭け金が貯めに貯められて、一発で大きく勝てるのが魅力です。

特にオンラインゲームで一攫千金を掴んだ人の多くは、このスロットゲームから誕生しています。

ビデオポーカー

ポーカーはブラックジャックに次いで高いペイアウト率となることが多いです。
やはりスキルも大事になってくるので、プレイヤーによっては100%のペイアウト率を実現できます。

ビンゴ・スクラッチ

日本でいうロト6のような数字や絵柄を揃ったら勝ちというものです。
これは、誰でも気軽に始められる反面、ペイアウト率は他のゲームに比べて低くなっています。

80%前後となるのが一般的です。
オンラインカジノのゲームのなかでは低いとはいえ、日本の宝くじに比べたら、遥かに高いです。

ゲームごとのペイアウト率を確認する方法

前述したように、オンラインカジノは「eCOGRA」などの第三者機関による監査を受けています。
この結果として、カジノ全体やゲームごとのペイアウト率が公開されています。

そのオンラインカジノがペイアウト率が高いことで有名であっても、自分がしたいゲームのそれが低ければ意味がないです。
そこで、具体的なゲームごとのペイアウト率が知りたいという人が多いです。
オンラインカジノのトップページには、監査を受けている第三者機関のロゴマークが記載されています。

ここをクリックして、実際の監査結果、それこそゲームごとのペイアウト率などをみることが可能です。